月額290円 HISモバイル「自由自在290プラン」のデメリット。日本通信SIMとの違い。

2022年5月19日、HISモバイルから「自由自在プラン」が登場。
音声通話SIMで月額290円〜という破格のプラン。

ただ、日本通信SIMの「合理的シンプル290プラン」も290円なわけで、
同じ料金で何が違うのか?というのが今回の話。

日本通信SIM「合理的シンプル290プラン」のメリット・デメリット

合理的シンプルプランは、2022年1月末に登場しており、
HISモバイルの自由自在プランの方が、後から出たわけですが・・・
多くのユーザーが日本通信SIMを選んだ方が幸せになれる、その理由について。
HISモバイルの激安SIMをレビューします。

目次

HISモバイルと日本通信SIMの比較

HISモバイルを運営するH.I.S.Mobile株式会社は、
株式会社エイチ・アイ・エスと、日本通信株式会社の共同出資で生まれた会社。
MVNOに日本通信が関わっているわけで、回線品質は日本通信SIMと同じと考えて問題有りません。
同じドコモ回線を利用するという点も同じです。

ただ、HISモバイルの「自由自在プラン」は月額制であり、
日本通信SIMの「合理的シンプル290プラン」は従量制
根本的な料金システムが違います。

HISモバイルと日本通信SIMの違い

HISモバイルと日本通信SIMの比較

HISモバイル
自由自在プラン
日本通信SIM
合理的シンプル290
月額料金290円~
※100MBまで
290円~
※1GBまで
回線エリアドコモドコモ
料金体系月額制従量制(1GB単位)
超過後速度最大200kbps通信不可
容量追加200円/1GB220円/1GB
通話料金9円/30秒11円/30秒
5分かけ放題500円
70分通話無料700円
完全かけ放題1,480円1,600円
初期手数料3,300円3,300円
MNP転出料無料無料
テザリング
eSIM対応×
データ繰り越し××
専用アプリ××
留守番電話385円330円
キャッチホン275円220円
転送電話無料無料
国際ローミング無料無料
サポートメール電話
チャット

メール
支払方法クレジットカードクレジットカード
運営会社H.I.S.Mobile株式会社日本通信株式会社

HISモバイルの自由自在プランは、1GB、3GB、7GB、20GB、50GBの5つのプランが有り、
月額550円の1GBプランで月間100MB未満の場合に限り月額290円となる。
容量超過後も最大200kbpsという低速通信で使い続けられます。

一方、日本通信SIMの合理的シンプルは、1GB単位の従量制
月額290円で月間1GBまで使え、以降は1GB毎に+220円で最大100GBまで利用可能となります。
上限設定が可能なので使い過ぎることは無いけども、容量超過後は一切使えなくなります

日本通信SIMは従量制なので、使わなければ安く、使うほどに高額となる。
というわけで、2つのプランをデータ通信容量で比較してみました。

容量別料金の比較

HISモバイル
自由自在290プラン
日本通信SIM
合理的シンプル290
100MB290円290円(~1GB)
1GB550円290円
2GB510円(+1GB)
3GB770円730円(+2GB)
4GB950円(+3GB)
5GB1,170円(+4GB)
6GB1,390円(+5GB)
7GB990円1,610円(+6GB)
20GB2,190円4,470円(+19GB)
50GB5,990円11,070円(+49GB)

月間3GBまでは日本通信SIMの方が安いので、HISモバイルで使うなら7GBプランですね。
HISモバイルは、100MBを超えたら月額550円になるという罠にも気を付けて。
日本通信なら月額510円で2GBまで使えるから、
最安SIMとして考えてる人は、日本通信の方が間違いなく割安です。

ちなみに、旅行会社のH.I.S.がなんでMVNOに参入したのか?って言ったら、旅行とスマホの親和性が高いから。
もともとは旅行向けデータ通信を販売事業だったのですけども、それがコロナの影響で方向転換。
海外向けの「変なSIM」も、2022年5月31日に終了となっちゃいましたからね。
現在でも海外Wi-Fiレンタル「HISモバイルWi-Fi」や海外プリペイドSIMを販売中ですけど。厳しそう。

まぁ、海外で20GBも使えるahamoが登場した今となっては、
海外Wi-Fiレンタルも、海外プリペイドSIMは、どこも厳しいと思ってます。
少しでも海外で使う可能性が有るなら、ahamoがコスパ最強です。

ahamoを契約して気づいたメリット・デメリット。ahamo大盛り100GBの違い。

自由自在290プランのメリット

月間7GBで最安、データチャージ最安

HISモバイルの月間7GB月額990円ってのは業界内の最安値。
他社では月間3GB~4GBで月額1,000円前後。格安SIMの中でも圧倒的に安い。

格安SIMの月額料金

スクロールできます
100MB500MB1GB2GB3GB4GB5GB6GB7GB8GB
日本通信SIM
合理的シンプル290
¥290¥510¥730¥950¥1,170¥1,390¥1,610¥1,830
HISモバイル
自由自在プラン
¥290¥550¥770¥990
IIJmio
ギガプラン
¥858¥1,078¥1,500
OCNモバイルONE
※10分無料通話付き
¥550¥770¥990¥1,320
nuroモバイル¥792¥990
mineo¥1,298¥1,518
BIGLOBEモバイル¥1,078¥1,320¥1,870
イオンモバイル¥803¥858¥968¥1,078¥1,188¥1,298¥1,408¥1,518¥1,628
音声通話SIMの月額料金

スマホユーザーの約8割が月間7GBも使わないという話。
日本通信SIMで4GBで月額950円も安いけど、4GBでは心もとない人も多いハズ。
HISモバイルなら7GBで月額990円。容量余るくらいがストレスもなく使えるのさ。

ちなみに、データチャージも1GBあたり200円と業界最安ですけど、
1GB→3GBプランは差額220円。3GB→7GBプランは差額220円なので、
200円払って+1GBデータチャージするなら、ワンランク上のプランにした方が良いと思います。

かけ放題と通話料金も最安

HISモバイルは、データ通信料金だけでなく、
通話料金も、かけ放題料金も業界最安値となっています。

一般的な通話料金は30秒あたり22円なのに対し、
HISモバイルは30秒あたり9円と半額以下。
安いと言われる日本通信SIMでも30秒あたり11円ですからね。

かけ放題オプションも、完全かけ放題が月額1,480円、5分かけ放題が月額500円と最安。
他社では、月額1650円月額550円であり、そもそも基本の月額料金が高額ですからね。

かけ放題の料金

スクロールできます
基本料金かけ放題
5分
かけ放題
10分
かけ放題
15分
かけ放題
HISモバイル 1GB270円~
※100MB未満
500円1,480円
日本通信SIM 1GB270円1,600円
ahamo2,780円無料1,100円
povo2.0無料
※トッピング制
550円1,650円
LINEMO 3GB990円550円1,650円
楽天モバイル1,078円
※従量制
1,100円
UQmobile 3GB1,628円770円1,870円
Y!mobile 3GB2,178円770円1,870円

安いとはいえ、日本通信SIMと同じくVoLTE HD+の通話なので高音質であり、
IP電話や格安回線(プレフィックス番号)でも無いので専用アプリも不要です。

容量超過後速度200kbpsで使える

日本通信SIMでは容量超過後は使えなくなりますが、
HISモバイルでは、容量超過後も200kbpsで使えます。

完全に使えなくなることが無いって利点があるので、
ギリギリのプランを攻められますし、
最悪+200円で1GB追加したら良いって逃げ道も有る。

自由自在290プランのデメリット

100MB以上で月額550円へ

HISモバイルは、月額290円~となっていますが、
月額290円で使えるのは、月間容量100MB未満の場合に限ります

また、月額550円にならないように、100MB上限設定も不可能
低速モードといった機能も有りません。

100MBって容量が少なすぎるし、ホント一瞬。
100MBあたりの消費容量については、IIJmioさんの調査結果が参考になります。
WEBページでは約341回、Googleマップで約28回、Youtube動画で約45分といったところ。
以外とGoogleマップ検索は、データ容量を使う点に気を付けて。

利用可能なデータ量の目安 | クーポンについて | IIJmio

8bit=1Byteなので、8Mbpsの速度で消費した場合は1秒間に約1MB消費するわけで、
消費速度8Mbpsなら、100MBは約100秒で使い切ってしまうのよ。

というわけで月間100MBで足りる人なら、低速通信でも良いのでは?
povo2.0の無料通信(最大128kbps)で問題無い気もしました。

povo2.0を0円運用して気づいたメリット・デメリット。注意点と賢い使い方。

対する日本通信SIMの合理的シンプルは、月間1GBまで使えて月額290円。
月額290円で運用したいなら、素直に日本通信SIMにした方が良い。
2GBで510円3GBで730円と、月間3GBまでは日本通信SIMの方が安いし、
1GB単位で上限設定も可能、うっかり使い過ぎることも無い。

日本通信SIMもHISモバイルも、低容量以外は割高。
HISモバイルでも7GBプランの次は20GBプランとなっており、
月間20GB月額2,190円も払うなら、LINEMOやahamoを選んだ方が良い。
MVNOは回線品質が劣るって点で、大容量プランほど損した気分にもなります。

ahamo、povo2.0、LINEMO、楽天モバイル、ワイモバイル、UQモバイル、格安SIMの比較と分岐点。

電話サポート無し、eSIM未対応

HISモバイルでは、顧客サポートが弱いです。
カスタマーサポートは、メールサポートのみ。
電話サポート、チャットサポートに未対応となっています。

一方、日本通信SIMやIIJmioでは、
メールだけでなく、電話、チャットサポートにも対応。
やはり老舗のMVNOは、サポートの質、対応の早さも違います。

格安SIMってAPN設定が必要であり技術的なトラブルも多い。
AndroidのバージョンアップやiOSアップデートに迅速に対応してくれるのか?という懸念もある。

技術的な部分で顕著なのがeSIM対応。HISモバイルはeSIMにも未対応
格安SIMでeSIM対応しているのも、IIJmio、日本通信SIM。
IIJmioは、eSIMにも最速で対応しており、MVNOのパイオニア感もある。

IIJmio(アイアイジェイミオ)ギガプランのメリット・デメリット


iPhoneユーザーならeSIM対応は欲しいところ。
SIMを二枚同時に使えるデュアルSIMを活用することで、より安くも運用できるから。

iPhoneをデュアルSIMで最安運用。povo2.0、LINEMO、ahamo、IIJmio、日本通信SIMのeSIM活用方法。

あと、日本通信SIMとの共通のデメリットとして、
スマホ専用アプリが無いというデメリットも有ります。
専用アプリが無いと、データ把握や手続きが面倒。
月間データ容量の確認、プラン変更は、WEBサイトからログインしないとダメ。

他の格安SIMに比べても、スペック部分で全体的に見劣りする。
節約モードやバースト機能にも未対応LINEの年齢確認もできませんから。

スクロールできます
繰越し容量シェア節約モードバースト容量追加LINE
年齢確認
解約手数料
(違約金)
IIJmio
ギガプラン
翌月末可能可能可能220円/1GB可能無料
日本通信SIM
合理的シンプル290
220円/1GB無料
HISモバイル
自由自在290プラン
200円/1GB無料
OCNモバイルONE翌月末572円/枚
最大合計5枚
可能可能550円/1GB無料
nuroモバイル翌月末不可
※ギフトのみ
可能550円/1GB無料
mineo翌月末可能可能可能165円/100MB可能無料
BIGLOBEモバイル翌月末
※1GBは除く
990円/枚
※シェアSIM
300円/100MB¥1,100
※12ヶ月未満
イオンモバイル翌月末別プラン可能可能528円/1GB可能無料
2022年6月時点

MVNOのデメリット有り

HISモバイルは、回線を借りているMVNO、
いわゆる格安SIM(MVNO)なので、格安SIM特有のデメリットも有ります。

初期費用3,300円が発生し、SIMカード再発行手数料も3,300円。
一番の問題点はMNO(キャリア回線)に比べると回線速度が遅いです。

日本通信と同等回線なので、一般的な格安SIMに比べると早い気がしましたけども、
やはり混雑時間帯は遅くなる。特にお昼時は期待しない方が良い。

格安SIMの回線速度は水物。期待してはいけない。
安定した回線速度を求めるなら、ahamo、povo2.0、LINEMO、楽天モバイルにすべき。

既に格安SIMはデメリットだらけ。ほとんどの人に格安スマホをおすすめしない理由。

エントリーパッケージの違い

日本通信SIM同様に、HISモバイルでもパッケージ版が有りました。
・・・が、別に安くも無いし、有効期限も短いので気を付けて。

申し込み用のエントリーパッケージでは、初期費用3,300円が不要となるのですが、
HISモバイルの公式サイトでの販売価格は3,850円という謎。

他ショッピングサイトでも販売価格3,580円なので、
楽天市場、Yahoo!ショッピングのポイント還元で微妙に得する程度です。

えぇ・・・私は楽天市場で買いましたよ。
買いまわり対象となるなら、オンライン申し込みするよりは得かなと。

楽天市場のSPUと買いまわりを攻略。楽天経済圏で楽天ポイントを貯めまくる方法。

そして届いてビックリしたのが、有効期限の短さ。
購入後1ヵ月以内に申し込みしないと、使えなくなる可能性が有ると明記されてました。
日本通信SIMのエントリーパッケージは、半年間有効だったんだけどね。

ちなみに、エントリーパッケージでは自由自在290プランだけでなく、他のプランも申し込めます。
まぁ、HISモバイルで他プランを選ぶメリットは無いとは思いますけど。

HISモバイルを選ぶべき人

HISモバイルと日本通信SIMの分岐点は、月間3GB以上使うかどうか?
月間4GB未満は、日本通信SIMの方が安く
月間5GB~7GBは、HISモバイルの方が割安です。

ただ、月5〜7GBってユーザーは限られると思うし、私なら日本通信SIMを選ぶ。
日本通信SIMの月5GBだって安いわけで、
日本通信SIMは従量制、使わなければ勝手に安くしてくれる。これが最高。

日本通信SIM「合理的シンプル290プラン」のメリット・デメリット

容量別料金の比較

HISモバイル
自由自在290プラン
日本通信SIM
合理的シンプル290
100MB290円290円(~1GB)
1GB550円290円
2GB510円(+1GB)
3GB770円730円(+2GB)
4GB950円(+3GB)
5GB1,170円(+4GB)
6GB1,390円(+5GB)
7GB990円1,610円(+6GB)
20GB2,190円4,470円(+19GB)
50GB5,990円11,070円(+49GB)

通話料や「かけ放題」料金の違いはあれど、その金額差は誤差の範囲なので、
結局のところ、使うデータ通信容量で判断すべき。

通話料でも比較してみましたけど、データ量ほどの差も無いし、
計算も複雑になるから、脳みそコストが高くなる。複雑に考えたらダメ。

HISモバイルの通話料は、30秒9円なので1分18円
10分通話した場合の通話料金は180円。30分なら540円と最安。
ただ、月間30分~40分の通話を想定しているなら、
70分通話無料月額700円で使える日本通信SIMの方が良い。
日本通信SIMには、月6GB+70分通話月額1,390円の「合理的シンプルプラン」も有る。

HISモバイルでは、かけ放題も安いとはいえ、最安運用はできません。
月間100MB未満でも月額290円+1,480円の合計1,770円
月間1GBなら月額550円+1,480円の合計2,030円
povo2.0の月額1,650円で「かけ放題」だけ使った方が安くなる。
月間100MB未満で済むなら、povo2.0の128kbpsで大丈夫というのも上述したとおり。

いずれにせよMVNO故に、回線品質という点では懸念があるので、
ストレス無く使うなら月額990円3GBの「LINEMOミニプラン」も検討すべき。
データ容量だけで比較できないメリットも有るのでした。

LINEMOを契約して気づいたメリット・デメリット。3GBスマホプランと20GBミニプランの違い。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

KJ新谷のアバター KJ新谷 小さな会社の取締役

輸入物販で起業して、既に起業14年目。
法人8期目。小さい会社の代表です。
雰囲気で商売しています。

コメント

コメントする

目次
閉じる