リクルートカードのデメリット。還元率1.2%は果たして得なのか?

リクルートカードのデメリット

還元率1.2%のクレジットカードとして、有名なリクルートカード。

楽天カードやYahoo!JAPANカードと比べて、

たしかに通常還元率は高いんだけど、

還元率0.2%の差で、勘違いをしている人も多いと思う。

 

Pontaポイントは、あくまでリクルートポイントと統合しただけであり、

リクルートポイント=Pontaポイントでは無いということ。

 

じゃらん、ホットペッパー、ポンパレモール・・・

リクルートのサービスを使うか?ってことよりも、

Pontaポイントを貯める理由についても、今一度考えるべきだと感じました。

リクルートカードの基本スペック。メリットと言われる点。

リクルートのメリットは、還元率1.2%だけでは有りません。

カードスペックで比較してみても、ライバルカードより優れています。

リクルートカード 楽天カード Yahoo!JAPANカード dカード
券面 リクルートカード 楽天カード Yahoo! JAPANカード dカード
年会費 無料 無料 無料 1,250円+税
※初年度無料
※年1回以上利用で翌年度無料
還元率 1.20% 1.00% 1.00% 1.00%
ETCカード 無料 500円+税 500円+税 500円+税
※年1回以上利用で翌年度無料
ETC発行手数料 1,000円+税
(VISA、Master)
無料 無料 無料
貯まるポイント リクルートポイント
(≒Pontaポイント)
楽天スーパーポイント Tポイント dポイント
ポイントカード機能 無し 楽天ポイントカード Tポイントカード dポイントカード
ポイント有効期限 最終加算日より12ヶ月 1年間 1年間 48ヶ月
電子マネー 無し 楽天Edy Tマネー iD
nanacoチャージ 還元率1.2%
月3万円まで
× 還元率0.5% ×
海外旅行保険 最高2,000万円
(利用付帯)
最高2,000万円
(利用付帯)
× ×
国内旅行保険 最高1,000万円
(利用付帯)
× × ×
ショッピング保険 年間200万円
(自己負担3,000円 )
※JCBは1万円
× 年間100万円
※Yahoo!ショッピングは200万円
(自己負担3,000円 )
年間100万円
(自己負担3,000円)

 

ポイント有効期限が、最終加算日より12ヶ月なので、

使い続ける限りは、実質のポイント有効期限も無い

ETCカードも年会費無料だし、

海外旅行保険だけでなく、国内旅行保険ショッピング保険も付帯していますし、

保険は利用付帯ですが、現地で保険延長できる裏技カードとしては貴重です。

 

月3万円までなら、還元率も変わらずnanacoチャージも可能

nanacoチャージで高還元率クレジットカードも希少ですからね。

nanacoチャージで改悪相次ぐ。nanacoポイントが貯まるクレジットカードまとめ。

 

他ライバルカードと比べて優秀であり、デメリットというデメリットも見当たらない。

どこに難癖つけるところがあるのか?説明します。

リクルートカードのデメリット。

リクルートカードは、一見すると優れたカードなのですが、

他社ライバルカードを使ってると、残念な点に気づきます。

楽天カード、Yahoo!JAPANカード。

自社サービスとの連携や、ポイントの貯まりやすさが、ぜーんぜん違います。

リクルートカードは、Pontaカードでは無い。

リクルートカードは、Pontaポイントの貯まるカードとして紹介されがちですが、

リクルートカードで貯まるポイントは、リクルートポイントとなります。

リクルートポイント≒Pontaポイントでは無いので、

共通ポイントではなく、あくまでPontaポイントと統合しただけ

 

リクルートカードには、Pontaポイントカードとしての機能も無いので、

Ponta加盟店で使う場合は、リクルートカードを提示しても意味がなく、

別途、Pontaカードを所持する必要が有るわけです。

IMG_1123

ローソンPontaカードは、一体型なんですけどね・・・

 

リクルートIDとPonta 会員IDも別であり、

リクルートポイントは、リクルートのサービスで使えるけど、

リクルートポイントは、Ponta加盟店では使えない。ややこしい感じへ。

 

リクルートのサービスでは、Pontaポイントが貯まるんだけど、

リクルートカードで貯まるのは、リクルートポイントのまま。

じゃあなんで、リクルートポイントを残しているのか?

リクルートのサービスと、Pontaのサービスを区別するためなんじゃないかと。

リクルートのサービスは、Ponta加盟店の一つというイメージ。

リクルートには、リクルート会員に付与される期間限定ポイントも有りますからね。

使えるポイント 貯まるポイント
リクルート運営サービス
(じゃらん、ホットペッパー等)
リクルートポイント
リクルート期間限定ポイント
Pontaポイント
Pontaポイント
Ponta加盟店 Pontaポイント Pontaポイント

 

リクルートポイントがPontaポイントに移行できるなら問題ない・・・

と思ってましたが、そういう訳でもありません。続きます。

リクルートカードには、ポイント倍付店舗が無い。

Ponta加盟店は、リクルートカードとは関係ないと言いましたが、

リクルートカードを使って、倍付されるような店舗が一切ありません

しかも、提携店舗だけでなく、自社リクルートのサービスで使っても倍付されないの。

 

通常還元率 対象オンラインショップ 倍付け特典 合計還元率
リクルートカード 1.20% 無し 無し 1.20%
Yahoo!JAPANカード 1.00% Yahoo!ショッピング
LOHACO
ポイント3倍
(+2%)
3%
楽天カード 1.00% 楽天市場
楽天ブックス
ポイント3倍
(+2%)
3%
楽天ゴールドカード
楽天プレミアムカード
1.00% 楽天市場
楽天ブックス
ポイント5倍
(+4%)
5%
dカード 1.00% ドコモオンラインショップ
dショッピング
d fashion
ショップジャパン
ポイント2倍
(+1%)
2%

 

楽天カードなら、楽天市場でポイント3倍~5倍、SPUで最大14倍

楽天カードのメリット・デメリット。楽天カードをオススメするユーザー。

Yahoo!JAPANカードなら、Yahoo!ショッピング&LOHACOでポイント3倍

楽天もYahoo!も、特定日(5のつく日)には、更にポイントが2倍~5倍増えたりもする。

最強のTカード「Yahoo!JAPANカード」のメリット・デメリット。

 

倍付け日 倍付け特典 合計還元率
Yahoo!ショッピング
LOHACO
5のつく日+3倍、
アプリ購入なら+5倍
+2~4% Yahoo! JAPANカード:5%~7%
楽天市場
楽天ブックス
5と0のつく日+2倍
アプリ購入で+1倍
+2~3% 楽天カード:5%~6%
楽天ゴールド、プレミアム:7%~8%

 

一方、リクルートカードはというと・・・なーんにも無いの。

じゃらん、ホットペッパー、ポンパレ・・・

他社クレジットカードで利用しても、2%~3%ポイント還元されるのよ。

 

例えば、じゃらんでは、利用金額の2%ポイントバックされるので、

リクルートカードを使った場合は、カード還元率+1.2%合計3.2%還元となる。

ただこれは、楽天カードを使った場合でも合計3%還元となり、

やっぱり0.2%しか変わらない。

だったら、他社の高還元率クレジットカードを使った方が良いわけ。

超オススメの高還元率クレジットカードまとめ。

P-one Wizなら、還元率1.5%合計3.5%となっちゃうのん。

 

リクルートサービスとクレジットカード還元率の関係

ポイント リクルートカード
+1.2%
楽天カード
+1.0%
Yahoo!JAPANカード
+1.0%
P-oneWiz
+1.5%
じゃらんnet 2.0% 3.2% 3.0% 3.0% 3.50%
ポンパレモール 3.0% 4.2% 4.0% 3.0% 4.50%
ポンパレ 2.0% 3.2% 3.0% 3.0% 3.50%
ホットペッパーグルメ 2.0% 3.2% 3.0% 3.0% 3.50%
ホットペッパービューティー 2.0% 3.2% 3.0% 3.0% 3.50%

 

そもそも、楽天やYahoo!はポイントの貯まるキャンペーンも頻繁にやっているし、

サービス自体のバリエーションも豊富だから、使う頻度も高いんだよね。

なんでこんなに「ポンパレモール」が普及してないのか?考えてみてやぁー。

リクルートポイントとPontaポイントの価値が微妙。

リクルートカードは、ポイントの価値という点でも微妙です。

リクルートポイントの基盤となる、リクルートサービスが弱く、

Ponta加盟店でもポイント消費できるようになっただけ。

サービスが拡大してないのん。

 

かつてはホテル予約サイトといえば「じゃらん」でしたが・・・

現在では、楽天トラベルに掲載数を抜かれる有様。

楽天トラベル > じゃらん > Yahoo!トラベル

 

楽天市場のようになるかと思われた「ポンパレモール」も、

Yahoo!ショッピング vs 楽天市場 の争いには太刀打ちできず・・・

なんだかよくわからないショッピングモールになってますからね。

楽天市場 > Yahoo!ショッピング > 越えられない壁 > ポンパレモール

 

飲食店も、「ホットペッパー」という時代ではなくなったし、

予約でも「食べログ」「ぐるなび」「Retty」を使っちゃう。

「ホットペッパーお食事券」も、使える店舗に制限有り。

・・・となると、厳しくなるのがポイントの使い道。

リクルートポイントの現金化と使い道。なるべくお得に交換する方法。

 

これは、Pontaポイント統合により、解消されるのかと思いきや、

TポイントとYahoo!の提携、新たに楽天ポイントの登場で、

Pontaポイントまでも、使いづらくなるという。負の連鎖。

Tポイント、Pontaポイント、楽天ポイント、dポイントの価値を比較。共通ポイントの貯まりやすさと利便性。

 

Pontaポイントとdポイントの相互交換も可能になりましたが・・・

Pontaポイントよりも、dポイントは価値の無いポイント。

dポイントからのPonta交換はドコモ契約者縛りが有るという意味不明システム。

提携店舗数も超少ないので、共通ポイントとしても残念。

「dカード」のデメリット。有料の「dカードGOLD」を選ぶべき理由。

 

Pontaで消費するよりも、むしろリクルートで消費した方が良いんじゃないかという。

Pontaポイントの使い道って、ローソン、大戸屋・・・

やっぱりローソンしか行かないから、ポイント消化にコマール。

Pontaポイントの有効活用と使い道。リクルートポイントと交換開始で気づいたデメリット。

DSC08725

ポイント利用する為に、わざわざ外出するのは本末転倒。

無理して使うようになったら、オシマイなわーけ。

 

Pontaポイントは、JALマイルにも交換可能ですが、

マイルに交換したら価値も半減。マイル還元率は0.6%

Pontaマイル交換

だったら、JALマイルの貯まるクレジットカードを使わん?

JALマイル還元率が高いクレジットカードを比較。効率良くJALマイルを貯める方法。

 

旅行予約も「楽天トラベル」を使えばSPUで+1倍だし、

楽天で貯まりまくる期間限定ポイントも使える

楽天の期間限定ポイントの使い道。失効する前に必ず消化する方法。

結局のところ、リクルートのサービスに魅力がなくなっちゃってるんだよね。

リクルートカードは、電子マネーチャージとETCに使うべし。

リクルートカードは、どこで使っても還元率1.2%

他カードでも、倍付されない場所でこそ使うべきと判断しました。

 

代表的なのが、ETCカード。

リクルートカードはETCカード年会費も無料だし、

ETC発行手数料もJCBブランドなら無料となります。

 

ETCカードの年会費と還元率の比較

リクルートカード 楽天カード Yahoo!JAPANカード dカード
還元率 1.20% 1.00% 1.00% 1.00%
ETCカード年会費 無料 500円+税 500円+税 500円+税
※年1回以上利用で翌年度無料
ETC発行手数料 1,000円+税
※JCBは無料
無料 無料 無料

 

リクルートカードは月3万円までなら、

電子マネーチャージでも、ポイントが半減すること無く貯まります。

ただし、発行ブランドにより、電子マネーチャージの対応状況は異なるので注意。

Mastercard Visa JCB
nanaco
モバイルSuica
楽天Edy ×
SMART ICOCA ×
au WALLET ×

 

電子マネーで得するのが、公共料金が支払えるnanacoカード。

月3万円までという制限が有りますが、それでもNo.1は変わらず。

他カードは、ポイント付与対象外、ポイント半減と改悪も相次いでます。

nanacoチャージで改悪相次ぐ。nanacoポイントが貯まるクレジットカードまとめ。

 

また、楽天カードで楽天Edyへチャージする場合も、還元率は0.5%へと半減するので、

楽天Edyチャージも、リクルートカードを使った方が良い。

楽天Edy還元率

 

リクルートカードは、モバイルSuicaへチャージも可能ですが、

Apple Pay Suicaへチャージする場合は、他カードをオススメします。

Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD」なら、

月3万円の制限も関係無く、還元率1.5%でApple Pay Suicaへチャージもできるわけ。

電子マネー(Apple Pay)で高還元率となるクレジットカード

還元率
リクルートカード
※VISA、JCBはSuicaアプリ経由
1.20%
月3万円制限
Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD 1.50%
ビックカメラSuicaカード
※Suicaアプリ経由
1.50%

 

ちなみに、リクルートカードでJCBを選んだ場合は、Apple Payは利用不可能ですが、

Apple Pay  Suicaへのチャージは、Suicaアプリ経由で可能となります。

Apple Payを利用して気付いた注意点とデメリット。アップルペイの使い方。

この辺もややこしいポイント。

結論:有料道路使わないし、nanacoもEdyも使わぬ。

リクルートカードを調べた結果、電子マネーチャージに活路を見出しましたが、

実際のところ、nanacoもEdyも使わなくなった俺。

 

最近は、Apple Pay Suicaばっかり使ってるわけ。

電子マネーチャージの月3万円制限を気にするのも面倒だし、

オリコ→Apple Pay Suicaチャージで、

問答無用で1.5%還元できた方が使いやすいわけなのさ。

Suicaは、Edyやnanacoよりも、使える店舗が多いし、

iPhone、Apple Watchだけで、Suica決済できるのも便利なんだよね。

 

nanacoで税金が払えるとはいえ、それは少額の話。

コンビニ店員が対応していない場合も多いから。まぁーめんどい。

nanacoチャージで税金・公共料金を支払うメリット・デメリット。nanacoの注意点。

 

手数料が発生するとはいえ、

税金もクレジットカードで直接払えるようになってるし、

税金(法人税)のクレジットカード納付して気付いたメリット・デメリット。

ポイント還元率考えたら、決済手数料以上に得するわけだ。

税金(国税、地方税)支払いで高還元率となる法人カード&ビジネスカードまとめ。

 

WEB決済で使うなら、「楽天カード×楽天市場」と、

「Yahoo!JAPANカード×Yahoo!ショッピング」が超お得だし、

あとは、世界最強の「Amazon.co.jp」が間違いない。

Amazonで高還元率のクレジットカードも、リクルートカードでは無いんだよ。

Amazon最強のクレジットカード徹底調査。オリコ、JCB、Amazonカードの還元率比較。

 

海外でカード決済する場合も、リクルートカードのMastercardとVISAは、

三菱UFJニコス発行だから為替手数料が高いです。

海外クレジットカード決済の為替レート比較。国際ブランドによる事務手数料の違い。

 

結局のところ、楽天やYahoo!でポイントが貯まりまくるから、

貯まらないPonta加盟店にも行かなくなる。

楽天ポイント、Tポイントで5倍~10倍貯まりやすいとなると、

普段行く店も変わってくる。ワタシなら変わるし変えようと思う。

 

似たようなコンビニ、似たようなレストラン。

似たようなチェーン店なら、ポイントが有る方、貯まる方を使うでしょって話。

0.2%の違いではありません、5%10%の話だから。

 

共通ポイントを見直せば、出ていくお金も減るということ。

なんとなくポイントを貯めるのは、もったいない。

使えるお店、貯まりやすさ、全然違いますから。

Tポイント、Pontaポイント、楽天ポイント、dポイントの価値を比較。共通ポイントの貯まりやすさと利便性。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です