法人カード、ビジネスカード、コーポレートカードの違い。

法人カードとビジネスカードの違い

個人事業主、法人代表者向けというクレジットカード。

法人カード、ビジネスカード、コーポレートカード・・・

発行する以前に悩む、カード名称の違い。

 

「法人カード」なのに、個人事業主でも発行できるし、

名前が違うからと言って、カードの違いは分からない。

いずれも同じ事業費決済用クレジットカード。

 

実際のところ、呼び名でカードスペックが変わるわけじゃないけど、

カード会社によって呼び名は変わるっていう。

なんだかややこしいから、まとめてみました。

オススメ法人カード

法人カード≒ビジネスカード。個人事業主でも法人カード。

ビジネスカードと法人カードを、一通り調べてみましたが・・・

法人カードとビジネスカードで、発行対象の区別は有りません。

法人カード≒ビジネスカードという認識で問題無いです。

カード会社毎にまとめてみるのが早いです。

 

日本のビジネスカード&法人カードまとめ

カード名 対象 追加カード枚数 支払方法
三井住友ビジネスカード for Owners 個人事業主・法人役員 数枚程度 一括決済(事業用口座)
三井住友ビジネスカード 中小企業 20枚目安 一括決済(事業用口座)
JCB法人カード 個人事業主・中小企業 制限なし 一括決済(事業用口座)
JCBビジネスプラス法人カード 個人事業主・中小企業 制限なし 一括決済(事業用口座)
EX Gold for Biz S 個人事業主 不可能 一括決済(事業用口座)
EX Gold for Biz M 法人役員 最大3枚 一括決済(事業用口座)
オリコビジネスカードGold 中小企業 最大20枚 一括決済(事業用口座)
セゾンプラチナビジネスアメックスカード 個人事業主・中小企業 最大4枚 一括決済(事業用口座)
UC法人カード 個人事業主・中小企業 最大99枚 一括決済(事業用口座)
ライフカードビジネス(法人カード) 個人事業主・中小企業 制限なし 一括決済(事業用口座)
アメックスビジネスカード 個人事業主・中小企業 制限なし 一括決済(事業用口座)
ダイナースクラブビジネスカード 個人事業主・中小企業 制限なし 一括決済(事業用口座)
P-one Business MasterCard 個人事業主・中小企業 最大5枚 一括決済(事業用口座)
楽天ビジネスカード 個人事業主・法人代表者 不可能 一括決済(事業用口座)
ビジネクスト法人クレジットカード 個人事業主・中小企業 最大50枚 一括決済(事業用口座)
法人口座決済用ラグジュアリカード 法人代表者 不可能 一括決済(事業用口座)

 

強いて違いを言うのであれば、

ビジネスカードが個人事業主&小規模法人向けというニュアンスで、

法人カードが中小企業向けという傾向が有るといった感じ。

 

追加カードの発行可能枚数が多いカードも、

「法人カード」というネーミングが多いです。

やはり、「法人カード」という名称なので、

個人事業主よりも、企業や組織を意識しているんでしょう。

 

また、カード発行時に代表者個人を審査するカードでも、

「ビジネスカード」という名称が、多い気がしました。

まぁ、「ビジネスカード」でも、法人審査のカードも有るっちゃ有るから、

やはり、一概には言えないのですけど。

 

ちなみに、券面にも法人名が刻印されるカードは、

法人審査のカードが多いですね。

 

コーポレートカードは大企業向け。支払方法も選択可能。

コーポレートって、本来は「企業」や「会社」って意味。

法人との違いが分からないんですが・・・

 

クレジットカードでは、

「コーポレートカード」という名前が使われているのは、

いずれも「大企業向け」と明記されているクレジットカードでした。

 

大企業の定義が何は分かりませんが、

日本の老舗の「三井住友コーポレートカード」を参考するのであれば、

追加カード20枚以上も発行できるというのが、大企業の目安かと。

 

日本のコーポレートカードまとめ

カード名 対象 追加カード枚数 支払方法
三井住友コーポレートカード 大企業 応相談 一括決済(事業用口座)
個別決済(社員口座)
※選択可能
JCBコーポレートカード 大企業 応相談 一括決済(事業用口座)
UCコーポレートカード 大企業 応相談 一括決済(事業用口座)
個別決済(使用者口座)
※選択可能
アメックスコーポレートカードプログラム 大企業 応相談 一括決済(事業用口座)
個別決済(使用者口座)
※選択可能
ダイナースクラブコーポレートカードシステム 大企業 応相談 一括決済(事業用口座)
個別決済(使用者口座)
※選択可能

 

また、「コーポレートカード」は、

中小企業向けの「法人カード(ビジネスカード)」とは違い、

支払限度額や追加カード枚数も「応相談」となっていたりと、

利用する会社に合わせてカスタマイズできるようになってます。

 

支払方法(決済方法)を選べるのも、コーポレートカードの特徴。

法人口座で一括支払い(会社決済)だけでなく、

社員個人口座で個別支払い(個人決済)も選択可能となっており、

カードの利用方法に合わせて、振替口座も選べるわけです。

・・・ただし、「JCBコーポレートカード」を除くです。

 

「JCB」では「ビジネスカード」は、使用者支払型法人カード。

「ビジネスカード」という名称で、ややこしいのが「JCB」。

JCBビジネスカード」は、大企業向けクレジットカードとなっており、

このカードが有るせいで、私の「ビジネスカード」の定義が崩れてます。

 

JCB法人カードの説明(公式より引用)

  • JCB法人カード:あらゆるビジネスシーンをサポートする価値ある法人カード
  • JCBビジネスプラス法人カード:経営者・個人事業主の皆様向けのキャッシュバック型法人カード
  • JCBコーポレートカード:大規模企業向け一括決済型法人カード
  • JCBビジネスカード:大規模企業向け使用者支払型法人カード

えっと、言葉だけだと意味わかんないので、

対象企業と、その違いを比較してまとめてみました。

 

JCB法人カード、ビジネスカード、コーポレートカードの違い

カード名 対象 追加カード発行枚数 支払方法
JCB法人カード 個人事業主・中小企業 制限なし 一括決済(事業用口座)
JCBビジネスプラス法人カード 個人事業主・中小企業 制限なし 一括決済(事業用口座)
JCBコーポレートカード 大企業 制限なし 一括決済(事業用口座)
JCBビジネスカード 大企業 制限なし 個別決済(使用者口座

 

「JCBコーポレートカード」と「JCBビジネスカード」は、

同じ大企業向けですが、支払い方法が違うのです。

他社コーポレートカードでは、「一括決済」と「個別決済」を選択できましたが、

「JCBコーポレートカード」では、「一括決済」しか選べず、

「個別決済」にしたい場合は、「JCBビジネスカード」となるわけ。

JCBに限って言えば、「ビジネスカード」の意味が違うわけですね。

 

JCB法人カード、ビジネスカード、コーポレートカードの意味

  • 法人カード=個人事業主・中小企業
  • コーポレートカード=大企業
  • ビジネスカード=大企業(個別決済)

「JCBビジネスプラス法人カード」は、

「法人」も「ビジネス」も両方入ってるから、ホントややこしい。

こちらは、中小企業向けの「JCB法人カード」と同じカテゴリーのカード。

 

「JCB法人カード」と「JCBビジネスプラス法人カード」は、

同じ中小企業・個人事業主向けですが、カードスペックそのものが違います。

 

法人カード、ビジネスカード、コーポレートカードの違いまとめ。

法人カード、ビジネスカード、コーポレートカード。

名称による明確な違いや、決まりも無いのですが、

カード発行会社同士で、なんとなくネーミングの傾向は見えました。

 

事業費決済カード 名称による違い(傾向)

  • ビジネスカード:個人事業主、法人代表者向け
  • 法人カード:中小企業向け
  • コーポレートカード:大企業向け

定義は特に無いので・・・俗称に近いものが有る。

ブラックカード、プラチナカード、ゴールドカードみたいなもんでしょうね。

 

まぁ、コーポレートカードとなると、発行できるのは大企業なんで、

我々弱小法人には関係ない。

法人カード、ビジネスカードから選べば良いわけです。

 

個人カードと法人カードでは、大きく違いますので、

事業主なら、しっかりと区別して使い分ける事を推奨します。

個人カードで、事業費決済できないわけでは有りませんが、

使った方が良い理由も有りますので。

 

ちなみに、最近では一般カードでも、

法人口座指定ができるカードも登場してます。

例えば、セゾンパールアメックスカードでは、

カード名称、カードスペックは変わらないまま、法人口座での振替が可能となりました。

審査は個人、カード特典も個人と変わらず、支払いのみ法人口座っていう。

 

法人口座決済用ラグジュアリカードも似たようなもんですね、

こちらは、家族カードが発行できない代表者専用法人カードって具合です。

法人口座決済用ラグジュアリカードの違い

  • 法人口座引き落とし
  • 追加カード発行不可能(法人代表者のみ)
  • 郵送での申し込み
  • 券面に会社名刻印

MasterCard最上級ステータス。ラグジュアリーカードのメリット・デメリット。

うん、ややこしいね、やっぱり。

オススメ法人カード

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です