無水エタノールと消毒エタノールの違いと用途。

理科の実験でおなじみの、エタノール。

商品の汚れ落としや、掃除用、殺菌用、様々な用途に使える事を知りました。

IMG_2189

スマホやタブレット、PC用品・・・様々な電化製品にも使えます。

一家に一本の常備薬です。

無水エタノールは油汚れに強く、殺菌作用も有り、すぐに揮発する。

エタノールは油汚れに強いという事で、

キッチン用品かぁーなんて、勝手に思ってたのですが・・・

エタノールは水と違い、電気を通しません

よって、電子機器にも使えまくります。

 

最近の電化製品は、液晶画面だらけ。

ちょっと触れば、指紋等の皮脂汚れも簡単についてしまいますからね。

 

直ぐに揮発するというのも、エタノールが便利なポイント。

ガラス等の透明度の高い物、拭きムラが目立ちやすい製品にも使えます。

即乾燥するので、拭いた跡が残ってしまう事も有りません。

殺菌性も強いので、除菌効果も有り、製品のカビ繁殖も抑えてくれます。

 

また、油汚れに強いという事で、

油性ボールペンや油性マジックの汚れを消すのにも使えます。

油性インクが、衣類についてしまう事ありません?

アパレル商材を扱っている方なら、ちょっとペン先が当たってしまうなんて事。

私は多々やってます。

検品してる時にボールペン持ってるんだもん。散らかってるんだもん。

 

そんな時にも、エタノールの出番です。

無水エタノールで落とします。

IMG_2190

これをコットンに浸し、汚れ部分にあてると・・・油性の汚れ浮き出ます。

挟み込んで叩いて落としたり、綿棒で慎重にやったりと・・・

頑張れば、目立たない程度の新品に生まれ変わります。

 

使用の際は、予め目立たないところで試してから。

色味の有る物ですと、変色したり、色落ちしますので・・・

 

油性ボールペンのインク漏れで、無水エタノール汚れ落ち具合を検証。

どれくらい落ちるのかというと、

インク漏れしたベタベタのボールペンがあったので、試してみました。

中が油性インクだらけのボールペンと、ジップロック的なビニールを用意。

IMG_3244

袋に入れて、無水エタノールを入れる。

すると、一瞬にして浮き出てきます。

IMG_3247

数分そのままにしておいたら、液は真っ黒になりました。

 

あとは、水ですすいで、おしまい。

ボールペンが、ピカピカになりました。

 

消毒エタノールと無水エタノールの違い。

エタノールは、無水エタノールよりも、消毒用エタノールが一般的。

IMG_2191

その具体的な違いですが・・・

エタノール濃度が大きく違います。

 

無水エタノールと消毒エタノールの濃度

  • 無水エタノール:エタノール濃度99.5%以上
  • エタノール:エタノール濃度95%前後
  • 消毒用エタノール:エタノール濃度80%前後

 

無水エタノールは、エタノール濃度が99.5%以上と、ほぼエタノールのみ。

消毒用エタノールは、エタノール濃度が80%前後。

消毒するには、濃い方の無水エタノールの方が効きそうですが、

そういう訳では無かった。

 

無水エタノールも、エタノールなので消毒効果があるのですが、

揮発性が高過ぎるので、殺菌前にエタノールが蒸発してしまう

で、適度に薄めて、消毒用エタノールとして使ってるわけ。

実際のところ、70~80%位なら殺菌効果に余り違いは無いという話。

 

というわけで、無水エタノールを精製水で薄めれば、消毒用エタノールとしても使えます。

ちなみに精製水とは、不純物の無い水です。

 

一般家庭での用途なら、水道水で薄めても問題無いかと。

私は無水エタノールを水道水で薄めて、消毒用エタノールとしても使ってます。

80%位の濃度をベストとするなら、

400mlの無水エタノールと、100mlの水道水で消毒用エタノールの出来上がり。

 

私は、100mlボトルを使っているので、

「無水エタノール:水 = 80ml:20ml」となります。

 

ちなみに、消毒用エタノールに含まれる水分は精製水であり、

その水分量も少ないため、

消毒用途だけでなく、様々な汚れにも使えます。

 

消毒がてらエタノールで拭いたら、ピカピカになるという。

スマホ画面くらいなら、消毒用エタノールで拭いちゃう。

消毒できて、ピカピカと二度美味しい。

 

アルコールとエタノールの違い。消毒用エタノール(IP)が安い理由。

エタノールは、数有るアルコールの中の一つの名称。

メタノール、プロパノール、イソプロパノールなんかもアルコールに含まれます。

 

アルコールの種類一例

  • エタノール(エチルアルコール)
  • メタノール(メチルアルコール)
  • プロパノール(イソプロピルアルコール)

 

同じアルコールでも、メタノールやプロパノールは毒性が強く、飲むとヤバいって話。

エタノールは、お酒として飲もうと思えば飲めます。

無水エタノールは、飲めるので、酒税も発生してます。

※厳密にいうと「特定アルコールに対する加算額」となるようです。

 

飲めない消毒用エタノールは、酒税が無い分格安に手に入ります。

商品名にIPと表記されているのは、イソプロパノールが入っているという事。


サイキョウ・ファーマ 消毒用エタノールIP「SP」 500mL [指定医薬部外品]

 

イソプロパノール(IP)という、飲めない成分が入っている。

エタノールでは無い成分を入れる事で、酒税を回避してるワケ。

 

まぁ、一般的にはアルコール≒エタノールみたいな解釈で問題無いかと。

消毒用エタノール≒消毒用アルコールで売ってるし、

IPが入っているから、用途が異なるというわけでも無い。

 

エタノールを使わない方が良い物と場所。プラスチック製品は素材による。

エタノールは万能で、掃除から殺菌まで、

様々な用途に使えますが、

アルコールに弱い物や、溶けてしまうものには使えません。

エタノール≒アルコールだという事。

 

エタノールを使わない方が良い物

  • ワックスやニスが塗ってある物(フローリングの床や、家具や革等)
  • 一部のプラスチック製品
  • 一部のゴム製品

 

なんでもかんでも使えると思って使ってましたが、

特に、床のフローリングには注意が必要です。

以前、クレヨン跡のついたフローリングをエタノールで拭いたら、

ワックスを溶かしてしまい、白い跡になってしまった事が有ります。

家具に使われるニスも駄目なようで、

テーブルもモノによっては注意が必要という話。

我が家のテーブルは、エタノール使いまくりですが・・・

不安なら、目立たない部分で試してから、使いましょう。

 

また、厄介なのがプラスチック製品。

一口にプラスチックと言っても、その種類も様々です。

 

プラスチックの種類とエタノール耐性について

  • ポリエチレン(PE):エタノール可能
  • ポリプロピレン(PP):エタノール可能
  • 塩化ビニル樹脂(PVC):エタノール可能
  • ポリスチレン(PS):エタノール不可
  • ポリエチレンテレフタレート(PET):エタノール不可
  • アクリル樹脂(PMMA):エタノール不可
  • ABS樹脂(ABS):エタノール不可
  • AS樹脂(AS):エタノール不可

 

とはいえ、家庭の至るところに存在するプラ製品。

エタノール駄目ってなっている物でも、サッと拭く程度なら大丈夫な場合が多い。

例えば、ゲーム機のコントローラーなんかは、ABS樹脂ですが、

除菌程度に利用するなら、ほぼ問題無いハズです。

 

ガラスに使えても、アクリルには使えません。気を付けましょう。

アクリル板が曇った場合は、プラスチッククリーナーという方法も有ります。

※参考→PCケース汚れの落とす方法とアクリル傷(曇り)の消し方。プラスチッククリーナーで研磨してみた。 | 自作パソコンdeゲーム野郎

 

また、エタノールは引火点が低いので、

火を使う台所での利用は注意、引火する危険性があります。

通気性の良い場所で、換気も忘れずに。

 

密室だと、揮発性が高いのと相まって、

お酒に弱い人は、酔っぱらったり、体調不良になる場合も有ります。

アルコールに弱い人は、手の消毒に使って肌荒れる可能性も有ります。

 

ちなみに、IP(イソプロパノール)入りの消毒用エタノールは、

飲めないという認識から、口に入る物に使うのは不安かもしれませんが・・・

イソプロパノールは、エタノール同様に揮発性も高いので、

除菌程度なら問題ありません。まな板、テーブル、食器棚・・・使えます。

消毒用エタノールを、そのまま飲んだら駄目って事です。

それでも不安に感じるなら、

無水エタノールを薄めて、オリジナルの消毒用エタノールを作ったら良い。

エタノールだって、高濃度アルコールなんだから、直接飲んだら危ないよね。

 

エタノールを入れる容器に注意。PETは利用不可能。

エタノールの容器に、基本的にPET製のスプレーボトルは使えません。

見た目が一緒だから、知らずに使ってしまってる人も多いハズ。

アルコール製品に対応にしていないと危険。

ペットボトル容器だと、アルコールで溶ける可能性があります。

※PETでもアルコール耐性の有る物も有ります。

 

100均ショップの霧吹きには、

「アルコールは入れないで下さい」という記載も有ったりします。

 

ガラス容器や、ポリプロピレン(PP)、ポリエチレン(PE)の物が間違いないです。

無水エタノールの容器にも、PE、PPの表記があります。

ボトルがPEで、キャップがPPで作られてます。

IMG_2205

 

私は、アルコール利用可能なボトルを選んで使ってます。


ease 保存容器 スプレータイプ ガラス 青色 100ml

 

これティッシュやキムワイプで使うのに凄い便利です。


アズワン ハンドラップ 200 /1-4612-01

 

消毒用エタノールのスプレータイプを買って、

詰め変えて使うのが、一番おトクなんじゃないかな。


ガレージ・ゼロ 無水エタノール 50ml スプレー容器タイプ 【アルコール99.8vol%以上】(無水アルコール/油汚れ落とし/溶剤/洗浄剤)GZ807*郵送発送

 

もともと消毒用エタノールが入ってたんだから、間違いない。

 

エタノールは子供の居る家庭ほど、使う頻度が増える。

ホワイトボードに、油性マジックで書かれた事ありません?

子供の落書きに困ってません?

意味不明のクレヨン跡、テレビへの落書き・・・

ディスプレイが指紋、よだれで、異様に汚れてる・・・・

エタノールでサッと拭けば、落ちてしまいます。

セロハンテープのベタつきも、シールの剥がれ跡も簡単に取れます。

精密機械以外なら、高濃度の消毒エタノールでも代用できるし、

消毒効果もあるという・・・

子供の居る家庭に、消毒用エタノールは使えまくります。


【第3類医薬品】消毒用エタノールIP「ケンエー」 500mL

無水エタノールなら、電子機器にも安心して使えるし、

薄めれば消毒エタノールとしても使えますので。

揮発性も高いので、拭きムラにも成り辛い。ただちょっと高い。

近くのドラックストアでは、1000円以上はしてましたが・・・

やはりアマゾンが安い。


無水エタノールP 500ml

 

アマゾン定期便にすると、ここから更に10%オフ

一家に一本。無水エタノール。我が家もあらゆる場所に置いてます。

高還元率クレジットカード
事業費決済するなら高還元率のビジネスカード。


通話SIM比較
私が格安SIM「mineo」に乗り換えた理由。


 

One Response to “無水エタノールと消毒エタノールの違いと用途。”

  1. takentake より:

    無水エタノールは開封後、すぐに空気中の水を吸って濃度が下がります。

    使いきらないなら、後で水を加えるなら、70%くらいのアルコールでも十分。
    高い無水エタノールにするなら、安い消毒用エタノールですね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ