Windowsで覚えるべきショートカットキー。多ボタンマウス登録で作業効率化。

作業効率化は、小規模事業主の永遠のテーマ。

マルチディスプレイやら、

多ボタンマウスやら、

マウスジェスチャーやら、

様々なアイテムやツールで、時間短縮することを推奨しておりますが、

肝心のショートカットキーが使えないと、

せっかくのアイテムも、宝の持ち腐れ。

 

しかし、ショートカットキーってありすぎますよね?

どれを使えば、便利なのか?どれを使えば、良いかわからない。

実際どういう風に使うのか・・・

使い方が分からなければ、多ボタンマウスの割り当てにも悩む。

 

そんな多くの疑問を感じながら、私自身も気付けば数年。

私も、まだまだ使いこなしている方ではありませんが、

弱小情弱の物販セラーが、どんなショートカットキーを使っているのか?

少しでも参考になれば幸いです。

 

無いと生きていけないレベルのショートカットキー

記載するか悩んだくらい、当たり前に無いと困ります。

たぶん説明不要です。

  • Alt + → 進む
  • Alt + ← 戻る
  • Ctrl + C コピー
  • Ctrl + V ペースト
  • Ctrl + X カット

 

戻る、進むなんかは、

最近のマウスには、当たり前に搭載されてますね。

 

コピー、ペーストなんかは、異様に使うので、

無いと著しく作業スピードが低下します。

間違いなく、多ボタンマウスにボタン登録すべきです。

 

個人的に使っている、定番のショートカットキー

パソコン使うなら、知っておいて損は無いショートカットキーです。

  • Ctrl + Z 元に戻す
  • Ctrl + S 上書き保存
  • Ctrl + F 検索
  • Ctrl + P 印刷
  • Alt + D アドレスバーへフォーカス

 

Ctrl + Z 元に戻す

元に戻すとか、結構便利です。

直前の間違った操作、コピー、削除・・・・無かった事にしてくれます。

知らない人も多いと思う。

 

Ctrl + S 上書き保存

地味に便利なキー。

上書き保存ってするもんね。

 

Ctrl + F 検索

「検索」のショートカットキーも、かなり使えます。

検索サイトに、検索した語句が見つからない場合や、

指定したキーワードを、表示されたウィンドウ内で検索したい場合。

特に文字が多いサイト(2chとか?)で、かなり有効。

 

Ctrl + P 印刷

印刷はするでしょ?

ワンアクションで印刷です。

 

Alt + D アドレスバーへフォーカス

Chromeで、しょっちゅう使ってます。

アドレスバー入力から、そのままGoogle検索できるので、

ワンアクションで、アドレスバーへ飛んでくれるのは非常に便利。

「コピー → アドレスバーフォーカス → ペースト」で、

気になるキーワードも、即検索です。

 

ウィンドウ関連のショートカットキーで、ディスプレイも有効活用。

ディスプレイに表示できる部分は限られているので、

ウィンドウ関係のショートカットキーも、覚えると便利です。

 

最大化、最小化、タブ切り替え、ウィンドウ閉じる・・・

イチイチカーソルを動かすのは、時間がもったいない。

特に、マルチディスプレイ環境なら、なおさら覚えておくべきです。

ウィンドウの右上って、果てしなく遠いからね。

 

  • Alt + F4 アクティブウィンドウを閉じる
  • Alt + Tab ウィンドウ切り替え
  • Ctrl + W タブ、ウィンドウを閉じる
  • Ctrl + Tab タブ切り替え
  • Ctrl + T 新しいタブを開く
  • Windowsキー + ↑ ウィンドウを最大化
  • Windowsキー + ↓ ウィンドウを最小化
  • Windowsキー + ← ウィンドウを左に寄せて表示
  • Windowsキー + → ウィンドウを右に寄せて表示
  • Windowsキー + D デスクトップ表示(全て最小化)
  • Windowsキー + Home 作業しているウィンドウ以外を最小化
  • Ctrl + リンククリック 新しいウィンドウでリンク先を開く

 

「Ctrl + W」と「Alt + F4」の違いは、正直ワカリマセン。汗

ウィンドウを閉じるショートカットキー。

私は基本的に、Ctrl + Wを使っています。

Alt + F4だと、タブ関係無しに全部閉じちゃうから。

Ctrl + W はタブ毎に終了してくれるので、

開いてるタブが一個しか無ければ、アプリケーション終了してくれます。

Ctrl + W で終了しないアプリは、Alt + F4。

問答無用に終了したい時はAlt + F4。

勝手にブラウザ開かれた時とかもね。

 

私は、「Alt + Tab」ウィンドウ切り替えよりも「Ctrl + Tab」 タブ切り替え。

最近は「Alt + Tab」の、ウィンドウ切り替えはあまり使わなくなりました。

「Ctrl+T」新しいタブの追加、「Ctrl+Tab」タブ切り替えが便利だし、

マルチディスプレイ環境になってからは、

なるべくウィンドウも、重ならない様に使ってますので。

かといって、ウィンドウ切り替え(Alt + Tab)を使ってないと言ったら、

そんなことも無い・・・

まぁ、この辺は臨機応変に。

 

「Windowsキー」のショートカットキーは、マルチディスプレイでかなり使える。

最近はフルHDのディスプレイも増え、多くのウィンドウを無駄に表示がち。

そんな適当に開きがちなウィンドウを、

キッチリ半分で表示してくれる素晴らしいスナップ機能です。

「Windowsキー + ←」「Windowsキー + →」で、

左右無駄なく、キッチリ半分に表示してくれます。

※Windows 10で4分割も可能となりました。後述します。

 

特にマルチディスプレイでは、ウィンドウも無駄に開きがちですからね。

WQHDの高解像度ディスプレイなんかは、横に2個ウィンドウ並べても余裕です。

 

縦設置のディスプレイで、最大化「Windowsキー + ↑」もよく使います。

最小化「Windowsキー + ↓ 」なんかも定番でよく使う。

 

全て最小化「Windowsキー + D」よりも、

「Windowsキー + Home」の「作業している以外のウィンドウの最小化」の方が使います。

作業しているウィンドウは、正に作業しているから、

最小化したくない場合が多いですからね。

急な他人の登場で、見られたくない場合は、全て最小化でしょうけど。

 

Ctrlは使えるショートカットが多く、使う頻度も多いので、

私は、マウスに「Ctrlキー」のボタン登録してます。

 

Ctrlキーを押しながら、WEBサイト上のリンクをクリックすると、

新しいウィンドウで、リンク先を開いてくれます。

元のサイトを見ながら、リンク先を開きたい事は多いハズなので、

これは非常に有効です。

 

最短で「コピー&ペースト」をする為に、役に立つ範囲選択の方法。

ショートカットキーではありませんが、

知っておくと、かなり便利な「コピペ」の方法です。

 

コピーをする際に、範囲選択(ハイライト)をするという作業。

コピーしたい文字列をドラッグするのが一般的ですが、

実は他にもやり方があります。

 

  • ダブルクリックで、一つの単語を選択
  • トリプルクリックで、段落をまとめて選択
  • 開始位置で「クリック」→ 終了位置で「Shift+クリック
  • 選択範囲を「Shift+矢印(左右)」で、細かい調整可能。

 

ドラッグだと、コピーしたい範囲が思うように選択できない事が多いので、

Shiftキーを使った、選択範囲の調整は知らないと困るハズ。

 

特に、タッチパッドではドラッグするという作業自体も難しいので、

開始位置で「クリック」→ 終了位置で「Shift+クリック」はオススメです。

下手にドラッグするより、断然早くコピーできます。

 

Windows10で追加されたショートカットキー。

Windows 10への進化で、ショートカットキーも更に便利になりました。

Windows 8がイマイチでしたが、Windows 10は非常に良いです。

Macには負けられない感です。

 

Windows 10で追加されたショートカットキーの一例

  • 左右分割(左右スナップ)時に「Windowsキー」+「↓ or ↑」 ウィンドウを4分割。
  • 「Windowsキー」+「Ctrl」+「D」 仮想デスクトップの追加。
  • 「Windowsキー」+「Ctrl」+「← or →」 仮想デスクトップの切替。
  • 「Windowsキー」+「Ctrl」+「F4」 開いている仮想デスクトップを閉じる。
  • 「Windowsキー」+「A」 アクションセンターの表示。
  • 「Windowsキー」+「I」 設定アプリの表示。
  • 「Windowsキー」+「G」 ゲームバー表示。
  • 「Windowsキー」+「S」 タスクバーの検索ボックス表示。

 

4Kディスプレイを利用している人にとって、

スナップ機能の4分割は、非常に役に立つ。

仮想デスクトップも、あると無いとでは作業の幅も段違い。

 

ウィンドウを4分割する為のショートカットキー

Windows8までは、左右2分割だったスナップ機能。

Windows 10では、上下左右4分割まで可能となってます。

「Windowsキー + ←」「Windowsキー + →」で、左右半分に表示した後、

Windowsキー + ↑」「Windowsキー + 下」で、更に上下半分に表示できます。

IMG_5426

 

4Kディスプレイは、フルHD4枚分の画素数ですから、

特に4K環境下で効果を発揮します。

PCで4K(3840×2160)出力して気付いたデメリット。ASUS PB287Qを購入レビュー。

ディスプレイ1枚で4枚分の活躍なり。

 

仮想デスクトップ(複数デスクトップ)のショートカットキー

Macで非常に便利な機能といえば、Mission Controlの複数デスクトップ機能。

Windows 10でも仮想デスクトップという、似たような機能が導入されました。

ホント便利なんで、これだけでもアップグレードする価値有りです。

IMG_5427

 

Windowsキー + Ctrl+ D」で仮想デスクトップを一瞬で追加。

追加したデスクトップも「Windowsキー + Ctrl+ ←or →」で簡単に切替できます。

 

デスクトップ毎に作業内容を分ければ、

デスクトップ切替で、異なる作業も並行して行う事も可能となります

出品作業中に顧客対応・・・とかも一瞬で切替です。

 

ヤフオク用、バイマ用、Amazon用、ネットショップ用・・・

販路毎にデスクトップを分けても良し、

エクセル用、フォトショップ用、Evernote用、顧客対応用、

情報収集用、情報配信用、娯楽用・・・

作業内容やアプリによって、デスクトップを分ける事も可能です。

PCスペックの許す限り、仮想デスクトップも追加しまくれます

 

私は、デスクトップ1に音楽アプリ(iTunes等)、メーラー(Windows Live Mail)、

コミュニケーションツール(LINE、Chatworks、Skype)、

SNS(LinkedIn、Facebook、Twitter)等の常駐系アプリを起動させて、

他のデスクトップで作業内容に分けて仕事してます。

 

マルチディスプレイと仮想デスクトップで鬼に金棒。

マルチディスプレイに必要な物。グラフィックボードとディスプレイアーム。

4K環境ならウィンドウ4分割も使って、作業範囲も広がりまくります。

フィリップス40インチの4K液晶ディスプレイ「BDM4065UC/11」レビュー。

 

面倒な作業には、ショートカットキーがあるという希望を持つ。

今回は主にWindows上で使うショートカットキーでしたが、

アプリケーション毎に、ショートカットキーはたくさんあります。

Excel、Evernote、Photoshop・・・・

全て覚える必要は、全くありませんが、

頻繁に行う作業は、ショートカットキーを覚えてしまった方が、

断然早く作業できます。

 

ちょっとこの作業面倒だな・・・

と思ったら、ショートカットキーを探しましょう。

きっとあるはずです。

そういった積み重ねで、少しづつ覚えていけば良いと思います。

 

ショートカットキー入力の時間を、更にショートカットする。

ショートカットキーは、それだけでも時間短縮になりますが、

多ボタンマウスにショートカットキーを登録することにより、

更に時間短縮になります。

G602とG700sを比較する。オススメ多ボタンマウスのメリット、デメリット。

多ボタンマウスはマクロ登録なんかもできますので、

まぁ、未来は明るいです。

 

マウスジェスチャーも同様です。

ちょっとマウスを動かすだけでコマンド実行です。

無料で作業効率がアップする「マウスジェスチャー」は、かなり使える便利ツール。

 

ショートカットキーを使えるだけで、

ちょっとパソコンに詳しくなった様に見える。

そう思うのは、私だけでは無いハズ。

カーソル動かさず、バスバスっと作業してやりましょう。

知らない人には、ちょっとした魔法に見えますから。

 

P.S.

ショートカットキー以前の問題ですが、

キーボードの文字の入力や、計算する電卓(テンキー)なんかも、

タッチタイピングで、見ないで打てるようにすべきです。

遅いのは最初だけ、

覚えたら、数倍早い。

慣れたら、数十倍速いです。

 

最初は遅くても良いんです。

キーボードは、お願いだから見ないで下さい。

高還元率クレジットカード
事業費決済するなら高還元率のビジネスカード。


通話SIM比較
私が格安SIM「mineo」に乗り換えた理由。


 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ