ScanSnapとEvernoteで、本も書類もクラウド化。S1300i と iX500を比較レビュー。

本とか雑誌とか名刺とか説明書とか、仕事関係の書類。

インボイスとかインボイスとかインボイスとか・・・

分けわからない事なってません?

 

Evernoteとスキャナーさえあれば、

そんな困った紙の印刷物達が、

非常にスッキリと片付いてしまいます。

 

スキャナーは様々な種類がありますが、

Evernoteを使っているなら、ScanSnapが断然オススメ。

ScanSnap

 

ScanSnapでスキャンしたデータは、

そのままEvernoteにアップロード保存、クラウド化が可能。

よって電子化するだけでなく、探すのも容易となります。

 

電子化して捨てしまえば、場所も取らない。

いつでもどこでも必要な書類を引っ張り出せ、

スキャンした文字まで認識して検索してくれる・・・

ScanSnapとEvernoteの組み合わせって、マジですげぇデス。

 

私は最初、格安なS1300iを購入しましたが・・・


FUJITSU ScanSnap S1300i FI-S1300A

 

結果iX500に買い直しました。笑


FUJITSU ScanSnap iX500 FI-IX500

 

購入して気付いた事って結構多いです。

参考にして頂ければ幸いです。

 

ScanSnap S1300iよりも、iX500をオススメする理由

ScanSnap 1300iを購入して、まぁまぁ満足していたのですが、

Evernote 推奨モデル、iX500がどんなものなのか?

気になってしまったので、

買ってみたところ・・・

 

iX500は最強でした。

 

最初から、iX500を購入しておけば良かったと後悔。

もちろん値段が違いますが、性能はそれ以上に違います。

 

以下、私がS1300iと比較して、iX500を購入後に気付いた点です。

  • S1300iよりも、スキャン速度が断然早い!
  • 紙送り精度が全然違う!重送も少なく、重複スキャン検知機能あり。
  • S1300iには無い、用紙受けがある
  • スキャナー設置に必要なスペースは実際変わらない。
  • セットできる枚数が全然違う!自炊、電子書籍化が非常に楽。継続読み取りをオン!
  • Adobe Acrobatが付いていた!PDFファイルの圧縮でiPadの容量も安心。
  • Wifi対応で、どこでも設置可能。手の届くところにスキャナーを!
  • A3対応は意外に嬉しい。USB3.0も対応。
  • 黒光りとブルーのライト・・・なによりデザインがカッコ良い!

 

iX500を購入するまでは、

スキャンってめんどくさい・・・

そう思ってスキャンしていました。

 

iX500は、ホントスゴイです。

Scan Snap iX500の性能を侮るなかれ。

 

スキャン速度は何故重要なのか?iX500は超高速スキャン。

S1300iも、以前よりスキャン速度が早くなったとの事ですが・・・

iX500のスキャンを体験してしまうと、かなり遅く感じます。

 

別にスキャン速度なんて遅くたって良いじゃん。

・・・って思っていた、過去の私。

 

しかし、使っているうちに、スキャン速度って如何に重要か?

思い知らされました。

 

スキャンする書類って様々ですよね?

破れかけている書類があったり、

書類によってはサイズが違ったり、

サイズがバラバラだったり、

しっかりと折り目がついてしまっている書類とかって、

非常に多くありません?

 

こういった書類を綺麗にスキャンするためには、

スキャン状況を監視して、手を加える必要があったり、

手で押さえていなければイケない。

 

↓こんな書類は、間違いなく詰まりますからね。

ScanSnapで紙詰まり

 

こういった書類が複数枚になると、面倒でしょうがない。

海外のインボイスとかの書類は、

破れてたり、しっかりと折り目が付いている場合も多いですからね。

スキャンしている間は、時間が潰れるわけです。

 

スムーズにスキャンできる場合でも、

スキャンしている最中って、なんか手が止まってしまいません?

スキャンする数枚が少ない場合は、特に微妙です。

 

というわけでスキャン速度は重要。

早いに越した事は無い。

というより、私は早く無いと、もぅ嫌なんだ!

 

スキャン精度と重複スキャン発生割合の違い。

スキャン速度が違うだけだと思ったら、

スキャン精度も全然違う。

 

上記の様な、くしゃくしゃの書類なんかの場合も違いが明らか。

 

iX500なら綺麗にスキャンできるものも、S1300iだと紙詰まりしたりする。

再スキャンしても紙詰まり。頑張っても紙詰まり・・・

スキャン速度も遅く、んぁあああああああ!?

ってなります。

 

大量にスキャンした場合も、

S1300iでは、けっこーな頻度で重複スキャンが発生してました。

しかも、S1300iには、重複スキャンチェックの機能も無いので、

結果的に、かなりの時間を喰う。負のスパイラル。

 

スキャン中も無事スキャンできているか?

気になって仕方なかったあの頃。

iX500なら、そんな心配もありません。

 

速度も早く、紙送り精度も高く、

重複スキャンの率も断然低く、重複スキャンチェック機能がある。

これだけでも、iX500の方が断然良いっす。

 

iX500の用紙受けの重要性。スキャン書類が散らばらない。

iX500には、1300iには無い、用紙受けが付いております。

ScanSnapの用紙受け

 

S1300iはコンパクトで省スペースなんだけど、

スキャンした用紙の行き場所がありません。

用紙受けが無いんです。

 

スキャンした用紙は前方から排出されるので、

省スペースだからと言って、前方にモノは置けません。

モノを置いた場合、紙詰まりの原因となります。

ScanSnapの障害物と設置スペース

 

かといって、ある程度スペース空けておけば良いかといえば、

そんな事もなく、

スペースを空けておけば、そのままスキャンした書類が散らばって行きます。

用紙受けが無いデメリット

 

スキャンしながら他の作業する。

用紙が散らばってしまうのでは、そんな事もできませんからね。

 

しかも、iX500はS1300iよりも、

省スペースに設置が可能な場合もあります。

 

iX500は予想以上にコンパクト。必要なスペースはS1300iと変わらない。

商品画像を見て、iX500は大きいサイズを想像していたのですが、

実際届いたサイズは、S1300iとそれ程変わりませんでした。

 

上から見た感じ。

iX500とS1300iのサイズ比較

 

横から見る。

iX500とS1300iの横サイズ比較

 

広げてみる。

iX500とS1300iの広げたサイズ比較

 

置くのに必要なスペースは、それ程変わりませんが、

iX500は、広げたサイズが大きいので、

書類を置いた時の安定感も、全然違います。

 

また、上述したように、iX500は用紙受けがあるので、

棚のぎりぎりに設置した場合でも、スムーズにスキャンする事ができます。

前方に書類の排出されるスペースが、必要無いんです。

 

↓棚のギリギリに設置でも大丈夫。

iX500は用紙受けが付いている

 

スキャナーでスキャンした書類が棚から落ちてくる・・

ありません?

iX500なら、適切な角度の用紙受けが付いていますので、

スキャン後も綺麗に整列してくれます。

 

 

セットできる枚数が大量。自炊は放置で楽々電子書籍化。

電子書籍化って面倒。

S1300iを使っていた頃は、そう思っていたのですが・・・

ScanSnap iX500に交換してから、想像以上に簡単になりました。

 

皆さんのバイブル「7つの習慣」を、割と適当に裁断。

自炊裁断セット

 

切り口ザクザクで、切り口斜めとかでも、

かなーり綺麗にスキャンしてくれます。

 

iX500にセットできる枚数は、50枚が限度なので、

50枚ずつですが・・・

50枚スキャンにかかった時間は、わずか1分半程度

ここまで早いと、作業しながらスキャンもできねぇレベル。

 

で、トータル10分もかからず、スキャン終了。

あの適当に裁断した、200ページ以上の汚い切り口にもかかわらず、

一度も詰まりませんでした。

重複スキャンも無し。

恐るべしScanSnap iX500

 

※電子書籍など、50枚以上の大量にある書類をスキャンする場合は、

ScanSnap Managerで「継続読み取りを有効にします」にチェックを忘れずに☆

 

 

書類裁断の際は、

ローラーカッターと大き目のカッティングボードがあると楽です。

ローラーカッターとカッティングボード


オルファ ロータリーカッターLL型 136B


OLFA カッターマット A3 135B

 

裁断機があると、もっと楽。


カール事務器 ディスクカッターA4サイズ対応 丸刃40枚裁断(2往復) ブラック DC-210N

 

ディスクカッターとiPhoneのサイズ比較。こんなもんです。

CARL裁断機DC-210N

 

書籍を自炊するなら、自炊用の裁断機は必須。

時間短縮どころじゃなく、一瞬で裁断作業が終わります

自炊裁断機 Dahle Durodex 200DX比較レビュー。ディスクカッターDC-210Nとの違い。

デザインもオシャレで、場所だって取らないんだから。

IMG_2386_thumb.jpg

 

裁断済み書籍は、ヤフオクでも売ってるし、

不必要なら売った方が良い。普通に売れます。

ヤフオクで「裁断済」を検索

ヤフオクで「自炊」を検索

 

電子書籍を購入するくらいなら、私は自炊を推奨します。

電子書籍ストアサービスのデメリットと自炊のメリットを比較する。

 

自炊した電子書籍は、Adobe Acrobat Standardで圧縮して持ち運べ

いつもなら、

おまけで付いてくる、付属ソフトなんかインストールもしないのですが、

ScanSnap iX500には、Adobe Acrobat Standardが付属しておりました。

ScanSnap付属ディスク

 

AdobeのAcrobat Standardって、普通に買ったら高いよね?


Adobe Acrobat 11 Standard Windows版

 

PDF編集ソフトは以前より欲しかったし、

Adobe Acrobatで、PDFデータの圧縮が可能となります。

自炊したPDFファイルをiPadに取り込む私には、

容量節約になり、非常にありがたい。

 

自炊したら間違いなくタブレット端末に取り込むでしょ?

マジでこれは嬉しいおまけ。

 

Wifi対応で無線接続。どこでも設置が可能で置きたい場所に置ける。

USBコードでパソコンと繋がなければイケない・・・

パソコンの近くに置かないとイケないので、

どうしても不便な場所に設置してしまう。

 

なんて事ありません?

 

ScanSnap iX500はWifi接続が可能です。

よって、自宅にWifi環境が整っていれば、

どこにでも設置ができるわけです。

iX500はWifi対応

※電源コード(コンセント)は必要です。

 

スキャンしたデータを、

家のどこからでもパソコンに送る事が可能。

 

特に、スキャナーは手の届くところに無ければ意味が無い。

手の届くところにあれば、

すぐに起動でき、すぐにスキャンでき、そのままEvernoteにアップロードできる。

 

とりあえず書類を置いといて・・・

スキャンしなければイケない書類が溜まってしまう・・・

なんて事も無くなりました。

 

A3対応、USB3.0対応・・・最終的にはデザインじゃね?

他にもS1300iとの違いは、

A3用のキャリアシートも付いてくるので、

A3の用紙もスキャンする事ができます

A3用キャリアシート

 

私は、A3なんて使わないって思っていたのですが、

たまにA3の書類もスキャンする必要が出ているので、嬉しい誤算でした。

 

USB3.0にも対応してるけど、私はWifi接続なんで関係ナス。

Wifiだからと言って、データ転送が遅いなんて事は全く感じません。

 

あとデザインが、iX500の方が断然カッコ良いです。

iX500は高級感がある。

黒光りにブルーのライトで高級感。

見た目は、重要だと思います。

 

S1300iとiX500の価格差と性能差・・・まとめ。

S1300iが2万円前後。


FUJITSU ScanSnap S1300i FI-S1300A

 

IX500が4万円前後。


FUJITSU ScanSnap iX500 FI-IX500

 

価格は2倍程違いますが、性能はそれ以上に違います。

速度、精度、用紙受け、Wifi、

重複スキャンチェックの機能は、絶対に外せないし・・・

付属ソフト(Acrobat)の事も考えたら、むしろお得だよね?

 

ScanSnap S1300iは安くて省スペースなので、

持ち運び用とか、

それ程スキャンしない方なら良いかもしれませんが、

据え置きで、日常的にスキャンをする方なら、

間違いなくiX500をオススメします。

自炊をしたい方は、間違いなくiX500です。

電子書籍ストアサービスのデメリットと自炊のメリットを比較する。

 

使いやすく、いつでも使える、

使う気になれるという事は、非常に重要だと思います。

スキャンするという作業がストレスになってしまうと、

電子化、クラウド化を続けるのも嫌になりますから。

 

☆Evernoteや、クラウドサービスについては、下記記事も参考に☆

Evernoteを有効活用。格安にエバーノートポイントを獲得する方法。

Dropbox、Googleドライブ、SkyDrive、Yahoo!ボックス。無料のクラウドサービスを使い分ける。

 

P.S.

ScanSnapは、Evernote Editionもありますが・・・

これはiX500のモデルと性能はほぼ同じみたいですね。

エバーノートプレミアム1年分付いてるけど、

49800円はちょっと高いよね・・・

 

あのEvernoteのロゴデザインが高いのかな?

私は無い方が良いんだけど・・・。

高還元率クレジットカード
事業費決済するなら高還元率のビジネスカード。


通話SIM比較
私が格安SIM「mineo」に乗り換えた理由。


 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ