情報を仕入れる為に、本を読む。

情報商材なんかよりも、よっぽどコスパが良いんだけど、

読めば読むほど、私の生活スペースを圧迫する本本本。

捨てるのも忍び無いって事で、貯まりに溜まっていた本を一気に自炊。

 

自炊する割合も増えて来たんで、自炊専用の裁断機を購入。

評判のベラ良い、デューロデックス社のダーレ200DXのホワイトモデルです。


ダーレー Durodex 自炊裁断機 200DX[ホワイト]

 

今までは、ディスクカッター使ってたんだけど・・・

もっと早く買っておくべきだった。

カール事務器のディスクカッターとの比較です。

IMG_2398

お手軽だから最初に購入しちゃうよね・・・だけど、全然別物だったから。

 

書籍でのインプットの多い方。PDF中毒の方。

自炊専用の裁断機は、有った方が良い。ストレスフリーでヌルっと裁断です。

 

制約の多い電子書籍を購入するくらいなら、本は自炊した方が良い。

電子書籍ストアサービスのデメリットと自炊のメリットを比較する。

 

ScanSnap iX500があれば、スキャンも一瞬だからね。

ScanSnapとEvernoteで、本も書類もクラウド化。S1300i と iX500を比較レビュー。

 

自炊で面倒なのは、裁断作業。

一瞬で裁断できれば、自炊って作業は全く苦じゃない。

 

DURODEXは高い。200DXとDC-210Nの価格差。

自炊を始めようと思っても、その裁断機の高さから諦める方も多いハズ。

DURODEXの自炊裁断機は高い。税込で4万円弱します。


DURODEX 自炊裁断機 ブラック 200DX

 

一方のカール事務機のディスクカッターは、1万円もしない


カール事務器 裁断機 ペーパーカッター A4対応 40枚裁断 DC-210N

 

値段もお手頃なんで・・・とりあえずこっち買う人多いよね。

その値段の差、感じていきます。

 

DURODEX 200DXの付属品と基本機能。裁断の仕組みと方法。

とりあえず付属品。単3電池付いてます。

IMG_2399

 

電池は、裁断位置の目安となる赤色LEDのカットラインを投影する為の電源。

別に無くても裁断はできる。

IMG_2400

 

本体裏側に、黄色い刃受けの収納スペース。

IMG_2401

 

裁断する前に、刃受けを必ずセットしましょう。忘れると綺麗に裁断できません。

IMG_2410

何度か忘れて裁断してます。裁断後は取り外して収納します。

 

書籍を垂直にする為のスケールバーは、磁石でしっかりと固定できる。

IMG_2406

 

同じサイズの書籍は、目盛りの数字さえ覚えて置けば、即裁断できる。

IMG_2409

 

裁断目安のLED点灯スイッチ。

IMG_2407

 

ここ切れますよーって教えてくれる。薄い本ほど効果を発揮する。

IMG_2408

 

ハンドルロックを解除してから裁断しましょう。

IMG_2402

解除しないまま、レバーを無理やり下げて壊しそうになった俺。

 

デザインが良く収納場所にも困らない。ハンドルロックで持ち運びも楽。

カール事務機のディスクカッターを購入して困っていた事。

収納スペースの確保。

高さは無いんですが、幅広なんで・・・置き場所に困ります。

幅40cm×奥行34cmのサイズなんで、普通の棚にも収納できません。

上に物を置く事もできませんからね。

 

裁断機のサイズ比較

ディスクカッターDC210N:幅360mm × 奥行490mm × 高さ80mm

パーソナル断裁機200DX:幅400mm × 奥行340mm × 高さ420mm収納時は幅170mm

IMG_2396

 

裁断時に必要なスペースは、大して変わりませんが、

200DXの場合は、縦置き収納が可能!立てて省スペース収納できるってのは革命的。

IMG_2392

 

ディスクカッターに比べると、収納に必要なスペースは雲泥の差。高さの有効利用できます。

IMG_2395

 

収納時に必要な幅は約17cm。狭い隙間にスッポリ収納できてしまいます。

IMG_2386

 

ハンドルロックで、持ち運びも楽々チンチン

デザインもオシャレなんで、適当に置いといて違和感がない。

厳重ロックで危なくも無いから。

特に白!良いよホワイトカラー!裁断機っぽさが無いから。

 

スペース確保の為に裁断機買って、

裁断機にスペース取られたら意味も無い。

 

裁断可能枚数は200枚。厚さ18mmって素晴らしい。

DurodexのDX200の凄いとこ。裁断厚の幅の広さ。

200枚までイケるんで、400ページの書籍なら一発でバッサリイケます

 

裁断可能枚数(厚さ)の比較

ディスクカッターDC210N:40枚(約3.6mm厚)

パーソナル断裁機200DX:200枚(約18mm厚)

 

ディスクカッターは、40枚までなんで・・・その差は5倍

40ページの書籍なんてまず無いので、裁断機使う前に手動で裁断する手間が発生します

 

一方DX200は、ほとんどの書籍をそのまま即裁断できる

技術系の勉強本とか、ブ厚い本なんかも一発で裁断できてしまいます。

18mmが限界らしいけど・・・20mm位の厚さの本も、イケちゃったよね。※非推奨

IMG_2519

自炊の一番面倒な部分は裁断作業。それも一瞬で完了です

冊子レベルのものを裁断するなら、ディスクカッターの方がお手軽だけどね。

 

ちなみに、裁断厚15mmの旧モデル「Durodex DX180」なんかも有ります。


スタックカッター180DX

 

断裁機180DX

  • 価格:29,830円(税込)
  • 最大裁断厚:15mm(上質紙約180枚程度)
  • 重量:9kg

断裁機200DX

  • 価格:38,880円(税込)
  • 最大裁断厚:18mm(上質紙約200枚程度)
  • 重量: 9.8kg

 

裁断厚の3mmの差の違いは、非常に大きいです。

180~200枚(360~400ページ)のビジネス書籍って結構あるので、

その微妙な差の為に、自炊の作業が一気に面倒になってしまいます。

 

DX180の方が1万円くらい安いけど・・・

裁断機を検討しているレベルの人なら、DX200にしといた方が良いと思う。

一発で裁断できない書籍が出て来た時の、面倒な感じ半端無いから。

 

日本製で切れ味抜群。裁断面も非常に綺麗。

思った程の力もかからず、スッパーンって裁断できます。

切り口も非常に綺麗。日本刀の切れ味ってのは嘘じゃないね。

これぞ日本製の成し得る技。

IMG_2418

 

ディスクカッターの場合は、円盤カッターを往復させて裁断するので・・・

裁断するのに時間もかかるし、ここまで綺麗には行かない。

40ページまでしか裁断できないので、

複数回に分ければ、断面は間違いなくズレるからね。

 

タイムイズマネー&スペースイズマネー。情報はプライスレス。

自炊にかかる時間を考えたら、専用の自炊裁断機は非常に安い買い物。

すっげー時間短縮になります。これぞ自炊の作業効率化。

1冊数分かかっていた時間が、数秒で裁断完了になります。

 

本棚だった場所も有効活用できるんだから、こんな有り難い事は無い。

中でも、DX200は最強で抜群の裁断機。

これ以上の裁断機は無いってのも、悩まなくて良いポイント。

ホワイトモデルが好きです。


ダーレー Durodex 自炊裁断機 200DX[ホワイト]

 

自炊には、スキャナーも必要不可欠。

ScanSnapとEvernoteで、本も書類もクラウド化。S1300i と iX500を比較レビュー。

スキャナーは、ScanSnapのiX500が抜群に最強。

スキャンも一瞬で精度凄い。重複スキャンの手間もない。


富士通 ScanSnap iX500 (A4/両面)

 

 

電子書籍って、便利な様で意外と不便です。

電子書籍ストアサービスのデメリットと自炊のメリットを比較する。

自分でPDF化してしまえば、なんでもできるんだから。

WEBページにiPadから直接書き込みをする方法。共同作業ならPDF化が便利。

 

クラウドサービスの発達で、iPadさえあれば何処でも好きな本が取り出せる。

積読になってしまうと、引っ張りだすのも面倒だし、買った事すら忘れる始末。

本を買って満足しない為に自炊する。

それも一つの方法。

 

管理も楽になるから。同じ本を買ってしまうミスも無くなる。

裁断してると、出て来るわ出て来るわ同じ本。

買って満足している自分。

読んでも理解しないと意味ないね。

 

P.S.

本って、書籍の形である事に価値を見出している人が多いと思う。

実際、書籍である事でも価値はあるんだろーけど、そういう事じゃなくて。

 

紙に印字ってのは、情報を保存しておく為の一つの方法に過ぎない。

だったらその中身の部分、データだけ活用できれば良いわけだ。

少なくとも、私にはそれで良いし、それのが便利だ。

便利すぎるけど、自炊する事自体は、なんら違法でも無いんですから。