還元率の高いクレジットカードといえば、リクルートカード。

還元率は高いが、リクルートポイントの使い道がイマイチ・・・

というのは少し前の話。

還元率2.0% リクルートカードプラスのデメリット。REX CARD(レックスカード)との比較。

 

以前に比べポイントの使い道が増えているらしい・・・

という事で、現金化について真剣に考えてみた。

 

同じく大手のショッピングポイントの楽天スーパーポイントや、

楽天の期間限定ポイントの使い道。失効する前に必ず消化する為の様々な方法。

ヤフーポイント(Tポイント)との比較となります。

ヤフーショッピングの期間限定ポイント(期間固定Tポイント)の使い道。真剣に現金化を考えてみた。

リクルートポイントとPontaポイントの違い。ポンタ統合の注意点。

2015年11月24日より、リクルートポイントとポンタポイントが統合となりました。

Ponta統合に伴い、リクルートポイントはPontaポイントに変更となったのですが、

若干ややこしかったので、まとめておきます。

 

リクルートポイントとPontaポイント統合の注意点。

  • リクルートポイントはPontaポイントへ変更
  • リクルートのサービスで貯まるポイントも、Pontaポイントへ
  • リクルートカードで貯まるポイントは、リクルートポイントのまま
  • リクルートポイントは、今まで通りリクルートのサービスで利用可能
  • リクルートポイントは、Ponta加盟店では使えない
  • リクルートポイントは、Pontaポイントへ等価交換可能
  • Ponta交換には、Ponta Webの利用登録が必要
  • Pontaポイントへの交換は1ポイントから交換可能。

 

Ponta統合という事で、基本的にPontaポイントを利用する感じになりました。

リクルートのWEBサービスで貯まるポイントも、全てPontaポイントになります

リクルートグループの各種WEBサービスでたまる「リクルートポイント」を、11月24日(火)より、「Pontaポイント」に変更します。これにより『じゃらんnet』や『ホットペッパー グルメ』『ホットペッパービューティー』など、リクルートの20サービスで、「Pontaポイント」がたまる・つかえるようになります。

2015年11月24日よりリクルートポイントはPontaポイントに!

じゃらん、ホットペッパー、ポンパレ・・・

全てPontaポイントが貯まり、Pontaポイントが使えるようになります。

 

かといって、リクルートポイントが無くなるわけでも無く、

リクルートカードで貯まるポイントは、リクルートポイントのまま

現状溜まっているリクルートポイントも、リクルートのWEBサービスで継続して使えます。

 

リクルートポイントをPontaポイントとして使いたいなら、

等価値(同じポイント数)でPontaポイントへ交換可能ですが、

リクルートポイントのままでは、Ponta加盟店では使えないので注意です。

 

また、Pontaポイントへの交換は100ポイント単位となるので、

100ポイント未満の細かいポイント移行は不可能となってます。

KS001829

1ポイントから交換可能になりました!

 

ヤフーカードみたいに、そのままTポイントが貯まり、

そのままTポイント加盟店で使えるのとは異なりますので気を付けましょう。

最強のTカード「Yahoo!JAPANカード」のメリット・デメリット。

 

リクルートでしか使えないリクルートポイントのままにしているよりも、

Pontaポイントにした方が、用途は広くなるというわけ。

Pontaポイントに換えれば、リクルートのサービスだけでなく、

ポンタ提携店舗でも利用できるようになりますから。

Pontaポイントの有効活用と使い道。リクルートポイントと交換開始で気づいたデメリット。

 

また、リクルートの期間限定ポイントや、サイト限定ポイントはそのまま。

この辺は、ヤフーのサービスとTポイントの関係と似たような感じ。

ヤフーショッピングの期間限定ポイント(期間固定Tポイント)の使い道。真剣に現金化を考えてみた。

期間固定Tポイントと、Tポイントは全くの別物だからね。

 

以下、リクルートポイントと表記しておりますが、

Ponta統合により、今後はPontaポイントも利用可能となります。

 

リクルートポイントはリクルートのサービスで使える。

リクルートポイントは、1ポイント=1円として使える。

しかしながら、使えるサービスが少なければ意味は無い。

 

リクルートポイントが使えるサービス

 

ホットペッパー」「じゃらん」辺りが、

有効的な、ポイントの使い方になるかと思います。

旅行する方、外で飯を喰らう方、間違い無いです。

 

そうでない方は、「ポンパレモール」を使いましょう。

リクルート版ショッピングモールです。

 

リクルートポイントの有効利用。現金化はポンパレモール。

ポンパレモールは、楽天市場みたいなもんです。

楽天市場を意識してますよね・・・きっと。

 

割となんでもありますんで、

楽天ポイント同様、欲しいモノとポイントを交換できるかと思います。

 

基本的には、どこで購入しても値段が変わらない様な商品で、

本当に必要なモノにポイントを使う事が、一番お得になるかと思います。

日用品、消耗品、米・・・を購入するというのが、一番間違いないかと。

 

最近では最低価格保証の商品なんかも有ります。

 

楽天市場や、ヤフーの期間限定ポイントの消化と同様ですね。

楽天の期間限定ポイントの使い道。失効する前に必ず消化する為の様々な方法。

ヤフーショッピングの期間限定ポイント(期間固定Tポイント)の使い道。真剣に現金化を考えてみた。

 

米は、楽天と変わらない価格帯っぽい。

日用品は、ヤフーポイントが使えるLOHACOが安いです・・・。

 

ポンパレモールで書籍購入は、楽天ブックスよりもお得。

書籍の新刊はどこで買っても、ほとんど変わらない。

 

アマゾンと価格も変わらない事がほとんどなので、

楽天ポイントの消費同様、

リクルートポイントでも、鉄板のポイント消費方法となります。

 

書籍も楽天ブックスより、ポイントが付与率が高い分お得となります。

ポンパレモールのポイント還元は、通常3%ですが、

私が購入した本は、けっこー頻繁に5%になってます。

ポンパレモールのポイント還元率

ポイント購入でもポイントは付与されるので、さらにお得。

 

楽天ブックスは、通常1%還元だし、

アマゾンは、基本ポイントつかない・・・

ポンパレモールのオンライン書店BOOKFANは悪くない。

 

リクルートポイントで金券交換。ホットペッパーグルメでお食事券代わり。

残念ながら、ポンパレモールでは金券やギフト券の販売ショップは有りません

 

しかしながら、リクルートポイントはお食事券として利用する事が可能です。

リクルートのサービス「ホットペッパーグルメ」です。

 

しかも、楽天の様に配送料が取られる事もなく、

割高なレートで、無理に金券交換する必要も有りません。

ホットペッパーグルメなら、ポイント分そのまま、お食事券として交換可能。

 

楽天市場ではジェフグルメカードが一番お得でしたが、

これなら、楽天市場のグルメシェフ利用券よりも、お得かもしれませんね。

 

ホットペッパーなら、交換するポイントの金額も選べるし、

配送する必要がないので、無駄に配送料もとられない。

 

ポンパレなら、お得なチケットが格安購入できる。

割引チケット購入サイト「ポンパレ 」でもポイント消化できます。

グルメ、旅行、レジャー、イベント、エステ、美容、ショッピング・・・

様々なサービスの割引チケットが、ポイント購入できます。

ホットペッパーのような、グルメ系のチケットも結構お得です。

ポンパレは、お試しっていう意味合いが強いので、値段も割引価格になってます。

 

マックカード500円分が250円だったり、

すかいらーく系のご優待券5000円分が4750円だったり、

レンタカーチケット7000円分が1000円で購入出来たり、

富士急のチケットなんかにも交換できたりする。

 

実際のところ、期間限定のチケットが多く、

利用したい時に利用したいサービスが有る可能性は低く、

割引率が高い分「SOLD OUT」で購入できないパターンも多いです。

欲しいタイミングで、ビビッとくるチケットが有れば・・・ですね。

 

お得そうだから・・・って購入するのは勿体無い。

チケットには有効期限がある場合も多いので、その辺も注意しましょう。

GROUPONに比べると・・・ちょっと劣るかな。

 

じゃらんは365日先まで予約ができる。海外ホテルの割引率も高い。

日本最大級の宿、ホテル予約サイト「じゃらん」で利用する。

国内ホテル・旅館の料金なんて、どこもほぼ一緒です

リクルートポイントが余っているなら、じゃらんを使いましょう。

リクルートではレンタカーサービスも扱ってます。

旅先で車が必要なら、じゃらんレンタカーを利用です。

 

また、じゃらんでは、海外の宿泊施設も扱っており、

定期的に割引クーポンも発行しています。

クーポン利用で、大手海外ホテル予約サイトに比べても安くなる事も多いです。

じゃらんの海外ホテル予約で使えるクーポンが非常に魅力的。

毎月、結構な割引率のクーポンを発行してます。

宿泊金額の制限なく1000円オフになったり、最大1万円オフになったり、ヤバいです。

※参考→Expedia、Booking.com、Hotels.com、agoda、海外ホテル予約サイトの比較と違い。 | とりあえずバンクーバー。

 

じゃらんって、365日先のホテル予約も可能なので、

ポイントの有効期限を超えた、ホテル予約にポイント消化できます

期限切れの近いポイントを、遠い未来への予定に使っちゃう。

 

お盆、年末、ゴールデンウィーク・・・

長期休暇の予約を前もってして、ポイント消化してしまう。

ちょっとした裏技です。

 

ホットペッパービューティーは、1回3000ポイントの制限有り。

男性、女性問わず、髪を切るなら美容院の時代。

ホットペッパー ビューティーでも、リクルートポイント使えます。

注意点として、リクルートポイントの利用に制限が有ります。

1回あたり100ポイントから3,000ポイントまで100ポイント単位でご利用可能です

1回につき3000ポイントまでしか利用できません。

 

まぁ、3000円使えれば十分だけどね。

エステ、ネイル、整体なんかもあるのねん。

 

じゃらんゴルフは「予約者1名分のプレー代金の全額まで」の制限が有る。

ゴルフをやる方、じゃらんゴルフでゴルフ場予約にも使えます。

ゴルフ場の料金ってまぁまぁ高いから、

幹事をやって、参加者から現金回収したら良いんじゃね?

・・・って思ったけど、予約者1名分しかポイント利用できません。

※ポイントをご利用いただけるのは、予約者様のプレー料金のみとなります。
同伴者様のプレー料金にはご利用いただけませんのであらかじめご了承ください。

予約者1名分のプレー代金の全額まで」という制限があるので、ご注意下さい。

 

1名分でも結構な金額・・・

ゴルフ趣味なら頻繁にも使うだろうからね。

 

楽天ポイントと比較した、リクルートポイントのデメリット。

リクルートポイントが楽天市場と比べると劣っている点。

それはポイントが使えるポンパレモールが、楽天市場ほどメジャーでないということ。

ポンパレモールは、まだまだ新参者。

 

楽天市場は、メジャーで利用者も多く、出店数が多い為、

出品商品数も多いです。

「欲しい商品が無い」なんてことは、ほぼ無いかと思います。

 

また、楽天市場は、出店数、出品者が多いため価格競争も激しく。

多ショッピングモールと比べ、商品が安く購入できる事も多いです。

 

ポンパレモールは、まだまだ出店店舗も少なく、

商品数が少なく、価格競争が起こりづらい。

まだまだ発展途上のショッピングモールだということ。

 

Pontaポイント統合で、リクルートポイント使い道は更に拡大中。

楽天ポイントよりも価値がない。

そんな時代は、もう終わりです。

 

2014年11月、リクルートポイントとPontaポイントが統合。

Ponta加盟店でも、リクルートポイントを利用できるようになりました。

Pontaポイントとリクルートポイント

 

ローソンで「お試し引き換え券」に交換するのが超お得。

Pontaポイントの有効活用と使い道。リクルートポイントと交換開始で気づいたデメリット。

昭和シェル石油で、ガソリン代が間違い無いかも。

個人的には大戸屋が好きです。

 

リクルートポイント&ポンタポイントの価値が急上昇中。

ポンタポイントとの交換開始で、ポンタポイント=リクルートポイントになった。

ポンタも今後、東京電力、ドコモと連携予定で、

更にポイント価値が高まる可能性も高いです。

 

リクルート&ポンタのサービス拡大、

お互いのポイントの価値が上がれば、現金化も更に用意になります。

 

リクルートポイントの有効期限も、最終付与より1年と実質無制限みたいなもんだし、

リクルートポイントすっげ。

よって、リクルートカードのランキングも上昇中です。

超オススメの高還元率クレジットカードまとめ。

 

楽天市場では、楽天カードを使ってもお得では無いですからね。

楽天市場ではOrico Card THE POINTを使った方が断然お得。楽天カードのデメリットをスーパーまとめてみた。

 

ほぼクレジットカードしか使わないような人生の、

我々輸入ビジネスセラーには、持っておくべきカードの一つです。

nanacoチャージでもポイント貯まるからね。

nanacoクレジットカードチャージの注意点。ポイントが付かないカードと5万円以上の税金の支払い方法。

 

私は使う金額が多いので、有料のリクルートカードプラスを使っておりますが、

金額が少ない人は、無料のリクルートカードよりも、他社の無料クレカがオススメ。

サブカードにオススメの年会費無料クレジットカードまとめ。

還元率2.0%は高いけど、ポイント還元で還元率1.2%はお得じゃない。

 

※追記

2015年6月より、漢方スタイルクラブカード改悪で、

nanacoチャージでポイントの溜まる、リクルートカードは超貴重となりました!

漢方スタイルクラブカード改悪につき、リクルートカードの2枚持ちでnanacoチャージに対応する。

現在は、nanacoチャージのメインカードへ昇格です。

 

楽天市場よりもお得な、ポンパレモール。

楽天カードよりもお得な、リクルートカード

今後、メジャーになるハズです。

 

Pontaポイント統合で、更にサービス拡大中。

Tポイント並に使えるポイントに期待。

 

個人的には、まだまだTポイントが使い易い。

Tポイント > Pontaポイント > 楽天ポイント

という事は、

ヤフーポイント > リクルートポイント > 楽天ポイント

対応するコンビニは、

ファミマ > ローソン > サークルKサンクス

って感じかな・・・。

 

Tカードとして使えるヤフーカードは必須だし、

ヤフーのポイントは、ふるさと納税にも使えるからね。

ヤフーショッピングの期間限定ポイント(期間固定Tポイント)の使い道。真剣に現金化を考えてみた。

楽天危うしなり。