「スマートEX」の登場で、Apple Payでも新幹線が利用できるようになった・・・

と思ったら、今度は「エクスプレス予約」もApple Payに対応したという。

IMG_6273

両方とも使えるようになっちゃったから、逆に意味わかんないっていう。

 

ただでさえ分かりづら交通系ICカードのサービス。

Apple Pay Suicaで使うなら、

「スマートEX」と「エクスプレス予約」のどちらが良いのか?

エクスプレス予約って・・・複雑だよね。

スマートEXとエクスプレス予約の違い。

新幹線にはApple Pay Suicaで乗車する方法が二つあり、

従来からある「エクスプレス予約」に対し、

「スマートEX」は新しく始まったサービス。

両方とも、Apple Payには、最近対応したばかりだという事。

 

Apple Pay Suicaで新幹線に乗る方法

  • スマートEX:2017年9月30日より開始
  • Apple Pay Suicaのエクスプレス予約:2017年10月23日より対応

 

で何が違うのか?その違いをザックリと。

エクスプレス予約 スマートEX
対象区間 東海道・山陽新幹線(東京~博多間)
会員登録 対象クレジットカードが必要 クレジットカード指定なし
決済方法 対象クレジットカードにて支払 クレジットカード指定なし
年会費 1000円+税 無料
予約方法 スマホ、PCから予約
※何度でも手数料無料で予約変更可能
割引 会員限定の割引価格 販売価格≒窓口価格
(約200円の割引)
乗車方法 専用のICカード(EX-IC)が必要 交通系ICカードに紐づけ
モバイル
Suica
対応 対応
Apple Pay
Suica
対応 対応

 

交通系ICカード(Suica等)では、新幹線の利用は不可能でしたが、

「スマートEX」の登場により、

交通系ICカードを使って、新幹線もそのまま利用可能となりました

KS003688

年会費も無料であり、JR東海のSuicaだけでなく、交通系IC系カードのほぼ全てに対応

既に交通系ICカードを所持しているのであれば、簡単に利用開始できます。

Suicaの中には、Apple Pay Suicaも含まれるので、

Apple Payだけで、新幹線も在来線も利用できるといった流れ。

 

スマートEXに登録可能な交通系ICカード

  • Suica(モバイルSuica、Apple Pay Suica
  • PASMO
  • Kitaca
  • manaca
  • TOICA
  • PiTaPa
  • ICOCA
  • はやかけん
  • nimoca
  • SUGOCA

 

一方、エクスプレス予約は、年会費1000円+税を払って、

新幹線専用の「EX予約専用ICカード(EX-ICカード)」を使って利用するサービス。

EX-IC機能がApple Pay Suicaにも付与されたので、

「エクスプレス予約」も使えるようになったという感じ。

KS003690

 

Apple Pay Suicaで利用することを想定した場合、

お互いのメリット・デメリットを簡単にまとめる。

 

エクスプレス予約のメリット

  • 新幹線が割引料金で利用できる。

エクスプレス予約のデメリット

  • 申込みには対象クレジットカードが必要
  • 年会費1000円+税が発生する。
  • 申込みから利用開始まで約2週間

 

エクスプレス予約は、導入までの敷居が高いですが、

その分、割引が効くといった感じ。

一方、スマートEXは申込み後、即座に利用可能であり年会費が無料。

なにより、エクスプレス予約のようにややこしく無いです。

 

スマートEXのメリット

  • スマートEXは年会費無料
  • 申込み日から即日利用可能。
  • 専用クレジットカードが不要。

スマートEXのデメリット

  • エクスプレス予約のような割引が無い。
  • エクスプレス予約のようにややこしくない。

 

「エクスプレス予約」の会員登録するには、

対象クレジットカードを所持している必要があり

入会方法も多々ありますが・・・

いずれにせよ年会費1000円+税が発生します。

 

エクスプレス予約に入会する為に必要なカード

  • JR東海エクスプレス・カード(エクスプレス・カード会員)
  • J-WESTカード(J-WESTカード会員)
  • ビューカード(ビュー・エクスプレス特約会員)
  • 対象のクレジットカード(プラスEX会員)

プラスEXに入会可能なクレジットカード

  • JCB
  • 三井住友VISAカード
  • 三菱UFJニコス
  • トヨタファイナンス
  • アメリカンエキスプレス
  • イオンフィナンシャルサービス
  • セディナ
  • 三井住友トラストクラブ

 

また、「エクスプレス予約」は利用開始するにも、ある程度の期間が必要です。

新たに利用するならクレジットカードの申込みも必要だし、

対象クレジットカードを所持していても、プラスEX会員への申込みが必要。

会員証が届くまで利用不可能であり、到着までに約2週間かかります。

 

エクスプレス予約はApple Pay Suicaだから使える。

勘違いしてはいけないのが、Apple Pay Suica(モバイルSuica)だから、

「スマートEX」or「エクスプレス予約」の選択が可能だという事。

 

カード型のSuicaカードは、EX-ICカードとしては使えず、

エクスプレス予約との連携も不可能。

あくまで、Apple Pay Suicaだから悩むのであって、

カード型Suicaを利用している人にとっては、あまり関係の無い話。

そもそも「スマートEX」しか利用できませんから。

 

カード型Suicaで「エクスプレス予約」を利用したい場合は、

カードの2枚持ちや、EX-ICとSuicaを重ねてタッチしたりと、面倒が発生します。

カード所持の手間を無くして「エクスプレス予約」を利用するなら、

「Apple Pay Suica」か「モバイルSuica」を利用するしかないわけです。

 

ちなみに、一つのApple Pay Suicaで、

「エクスプレス予約」と「スマートEX」の重複登録はできません

併用は不可能なので、いずれかを選ぶ必要が有ります。

 

エクスプレス予約のデメリット。割引料金の範囲。

エクスプレス予約は、年1回でも利用すれば元を獲れると聞いて、

一応「プラスEXカード」は所持しているのですが・・・

私に限っては、あまり得をしている感じが無いです。

 

エクスプレス予約で複雑なのは、

購入するチケットにより、割引率も大きく変わる事。

抑えるべきチケットは、とりあえず3種類。

 

エクスプレス予約のチケットの種類

  • e特急券:特急券のみ。別途乗車料金が必要
  • EX予約サービス:乗車券と特急券がセット。e特急券より若干お得
  • EX早特:3日前までの予約で大幅に安くなる。※スマートEXで利用可

 

新幹線を3日前までに予約することで、

大幅に安くなるEX早特は「スマートEX」でも使えます

 

よって、エクスプレス予約の方が、割引が効くというのは、

指定席車が、e特急券とEX予約サービスで安くなるから。

指定席でも自由席と変わら無い料金になり、

「のぞみ」も「ひかり」「こだま」と同じ料金で乗車できるようになります。

 

「e特急券」と「EX予約サービス」の違いは、乗車券の有無

「EX予約サービス」の方が安いんだけど、乗車券がセットだから、

乗り継ぎが有る場合は、割高になる可能性があるんだって。

意味分かんねーなホント。

 

在来線と新幹線を乗り継ぐ場合、「e特急券+乗車券」と比べて「EX予約サービスと在来線の運賃等の合計額」の方が乗車区間によっては高額になる場合があります。

 

上記を踏まえ、よく比較されるのが東京~大阪間の新幹線料金。

指定席だけで比較されてるから、1080円も差が出るんだけど・・・

自由席と比較した場合、料金差わずか250円です。

 

東京-大阪間の正規料金

  • 自由席:13620円
  • 指定席(のぞみ):14450円
  • 指定席(ひかり・こだま):14140円

東京-大阪間のエクスプレス予約料金

  • EX予約サービス(指定席):13370円
  • e特急券+乗車券(指定席):13570円

 

確かに、東京~大阪間の場合、

自由席も混み合うし、のぞみ料金も異なるから、

エクスプレス予約を使った方が得なんだけども・・・

 

実際、私が使うのは「こだま」ばかり。

各停の「こだま」は、あんまり混まないから自由席でも良いんだよね。

って事で、東京~熱海間の料金で比較する。

 

東京-熱海間の正規料金

  • 自由席:3670円
  • 指定席:4190円
  • グリーン車:6420円

東京-熱海間のエクスプレス予約料金

  • EX予約サービス(指定席):3470円
  • e特急券+乗車券(指定席):3670円

 

EX予約サービスと一般購入の自由席料金の差は200円

指定席に魅力を感じるなら、EX予約サービスの方が安いですね。

e特急券を利用する場合は、変わらずといった感じ。

 

頑張って理解しようとしたのに、

そこまで得してなかった事に気付いた、残念な結果。

じゃ「スマートEX」で良いな。「EX早割」も使えるから。

 

スマートEXとエクスプレス予約の比較まとめ。

エクスプレス予約の方が得というよりも、

導入の手間、理解する手間の方が大きいんじゃないかと。

よりシンプルな仕組みの「スマートEX」。

なんなら、これに一本化して欲しい。

 

スマートEXで事足りる人

  • 指定席を利用しない。
  • EX早特、EX早特21を利用する。
  • 各停(こだま)を利用する。
  • そもそも乗る頻度が少ない。

エクスプレス予約にした方が得する人

  • 年末年始やお盆等の繁忙期も利用する。
  • 中距離~長距離で年1回以上利用する。

 

エクスプレス予約は、理解する手間も有り、

私のような人間には、お得というわけでも無かったです。

そんなに乗らないなら「スマートEX」で全然良い。

一番安くなるEX早特は使えるし、むしろシンプルで良い。

 

いずれにせよ、オンライン予約→チケットレス乗車は変わりません。

Apple Pay Suica一つで、

新幹線にも在来線にも乗車できるのは、ホント便利。

 

完全チケットレスは、乗継の手間もなくなり、時間も大幅に短縮。

切符2枚投入とか、切符投入後Suicaタッチとか、

脳みそのストレスも、だいぶ軽減されます。

 

Apple Pay Suicaで使えるという事は、

iPhoneだけでなくApple Watchでも使えるという事。

Apple Watchを所持する理由が、また一つ増えましたね。