法人カード(ビジネスカード)は、個人カードより審査が厳しいと言われますが、

新設法人でも法人カードが作れないと困るわけで、

実際のところ、法人カードって意外と簡単に発行できてます。

法人カード発行

今の時代、クレジットカードが無いとなんにもできないし、

新設法人でも、法人カードを余裕で発行してくれたから。

 

「設立後3年」とか「2期連続の黒字」という話は、迷信に近い。

少なくとも、新設法人でカード発行できたから、私の事例が参考になれば幸いです。

個人審査と法人審査のクレジットカードが存在する。

一口に法人カードといえど、カード会社により審査の基準は様々。

法人を審査するカードだけでなく、法人の代表者個人を審査するカードも有り、

審査の対象が異なれば、審査に必要な書類も異なります。

 

最近では、個人事業主向けのビジネスカードと、法人カードの境目も無くなり、

法人カードという名称なのに、個人事業主で発行できたり、

法人カードでも、代表者個人を審査するカードが増えています。

個人の与信審査でカードが発行できるので、

新設法人だろうが、赤字法人だろうが関係ない。

 

個人審査と法人審査のカードで、何が違うのかというと、ホント審査が違うだけ。

引き落とし口座は、法人口座を指定可能で、カード利用方法も一緒

カード利用時のサインは、どちらも利用者する人の個人名を記入する。

 

法人審査のクレジットカードでも、新設法人OK赤字決算OKと、

明記しているカード会社も有り、以前に比べて審査自体が緩くなっている印象。

 

代表者個人の審査で発行可能な法人カード

個人を審査する法人カードは、法人の信用が必要無いだけでなく、

審査に必要な書類が少なくカード発行までの期間も短いです。

 

個人でクレジットカードを使ってるなら、尚更審査も通りやすくなるかと。

カードスペック自体も、法人審査の法人カードよりも優れたモノが多く、

とりあえず最初に発行するなら、個人審査の法人カードがオススメ。

 

オリコ EX Gold for Biz(エグゼクティブ ゴールド フォービズ)

オリコの高還元率ビジネスカードといえば、EX Gold for Biz iD×QUICPay

法人代表者だけでなく、個人事業主の方も発行可能。

 

法人代表者で申し込む場合は、法人名義の銀行口座が支払口座となりますが、

代表者個人が契約者となり、審査対象も代表者個人となります。

よって、カード審査に必要な書類も、個人の本人確認書類のみとなってます。

 

WEB申込みの数日後に、簡易書留にて入会申込書が到着。

IMG_2667 (2)

入会申込書に個人印と法人印の捺印して、口座振替依頼書を記入するくらい。

法人代表者が申し込む場合は、

口座振替依頼書は法人名義口座が必要なので、法人口座が有ればOKといったところ。

 

提出書類も、代表者個人の本人確認書類(運転免許証コピー等)のみ。

法人の登記簿謄本や印鑑証明書も不要でした。

IMG_2669

オリコEX Gold for Bizの申込みに必要だった書類

  • 入会申込書
  • 本人確認書類(代表者個人の運転免許証コピー等)
  • 口座振替依頼書(法人名義口座)

 

書類返送後、約1週間後に「カード発行手続き完了のお知らせ」メールが届き、

更に約1週間後に、転送不要の簡易書留にてカードが到着しました。

IMG_2964

申込書の到着に数日、カード審査&カード発行に約1週間、カード到着に更に約1週間。

合計で約2週間~約3週間くらい見ておいた方が良いかと思います。

 

カード発行時の限度額は100万円でした。法人の申込みの場合はキャッシング不可能です。

IMG_4475

※個人事業主の場合は、キャッシング利用も可能となります。

 

法人の営業期間や損益も問われない為、

個人でクレカヒストリー積んでいれば、特に問題無く発行できるハズです。

年会費2000円+税と一般カード並みに安いのに、ビジネスゴールド扱い。

還元率も高く、プラチナカード級の特典まで付帯していますから。

オリコのビジネスカード「EX Gold for Biz iD×QUICPay」は高還元率の法人クレカ。

 

法人代表者に限らず事業主なら、EX Gold for Biz iD×QUICPayは持って損は無いカード。

弊社の事業費決済メインカードでも有ります。

 

セゾン・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス カード。

プラチナカードで最安級の年会費を誇る、セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレスカード

法人カードでも希少なプラチナカードで、しかもアメックスブランド。

こちらも法人審査では無く、代表者個人を審査する法人カードとなってます。

 

ゴールドの上のプラチナカードっていう割に審査も優しく、

私は新設法人で申し込んで、即日審査通ってしました。

他のセゾンカードも所持してもいなかったんですけどね。

しかも、審査→発券まで断トツで早かったです。

 

審査の流れは、WEB申込み→電話確認→発券と、他社より工程が少ない。

申し込んだその日に、セゾンカードから電話確認が有り、

申込み内容の確認するだけ。名前、住所、生年月日を言って終了です。

勤務先や仕事については一切触れられず、本当に本人確認するだけで拍子抜け。

会社側への在籍確認も無しで、自宅(個人)へTEL確認のみでした。

 

電話終了直後に「カードの発行手続きが整いました」のメールも到着。

カードの発行手続きが整いました

この度はお申込みいただきまして誠にありがとうございました。
お客様のカード発行手続きが完了いたしましたのでご連絡いたします。

なお、《セゾン》インターネットサービス「Netアンサー」への登録手続きを
引き続きおこないます。
翌日午後に手続きが完了いたしましたら、本メールアドレス宛に
「手続き完了のお知らせ」メールをお送りいたします。

セゾンは審査が早いとは聞いていたけど、即日で審査完了となりました。

最短3営業日のスピード発行との事でしたが・・・

本当に申し込んだ日の4日後に、簡易書留にてカード到着してしまいました。

IMG_0567

 

個人の本人確認書類として、運転免許証が必要なのですが、

WEB申込み時に、12ケタの免許証番号を入力するだけで、

後は、カード到着時に同封されている「口座振替依頼書」と共に、

「運転免許証のコピー」を送付する感じです。

 

セゾンプラチナビジネスアメックスの申込みに必要だった書類

  • 口座振替依頼書(法人名義口座)
  • 本人確認書類(代表者個人の運転免許証コピー等)

 

セゾンの場合は、審査完了後に、

本人確認書類と口座振替依頼書を提出するので、

審査前の書類提出の手間が無いです。

他社と順番が違うから、手続きも早いんだね。

ビジネスカードで断トツに早いというよりも、

一般のクレジットカードと比較しても、とにかく早い。

 

ちなみに、初期の利用限度額は100万円でした。キャッシング枠は20万円。

IMG_4476

法人カードなのに、キャッシングも利用可能という珍しいカード。

これも個人審査だから成せる業。

 

セゾンプラチナビジネスアメックスは、限度額100万円~最大1000万円という事で、

個人で所持している、他クレジットカードの利用枠が100万円を超えているのなら、

審査に通る可能性も高いんじゃないかと。

 

実は、セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレスカードは、

法人代表者や個人事業主だけでなく、一般サラリーマンでも申し込み可能となっており、

他社プラチナカードと比較しても優れています。

プラチナカードを比較する。オススメのプラチナカードランキング。

 

デメリットはプラチナカード故の年会費だけど・・・

セゾン プラチナ ビジネス アメリカン エキスプレスカードのメリット・デメリット。

他社プラチナに比べたら格安だし、特典満載でコストパフォーマンスも高い。

カード利用額が多いなら、年会費1万円と半額になってしまいますから。

 

三井住友ビジネスカード for Owners

2017年5月に新しく「三井住友ビジネスカード for Owners」が登場。

審査の厳しいイメージの有る、三井住友カードですが、

申込みページに「会社設立間もないお客さまでも申し込み可能」と明記されてます。

こちらも提出書類は、代表者個人の確認資料のみという事で、個人審査な感じ。

 

WEB申込みをしてから、3日後に申込み書類が到着。

IMG_3762

書類到着と同じ日に、書類到着したかどうかの確認TELも有りました。

 

審査に必要な書類は、申込用紙と口座振替用紙、

代表者個人の確認資料(運転免許証コピー 等)だけ。

IMG_3764-2

法人関係の書類(登記簿謄本や決算書)は、必要有りません。

 

三井住友ビジネスカード for Ownersの申込みに必要だった書類

  • 入会申込書補てん票
  • 本人確認書類(代表者個人の運転免許証コピー等)
  • 口座振替依頼書(法人名義口座)

 

申込み書類を返送してから、約1週間後に審査結果のお知らせメールが届きました。

【Visaオーナーズ法人】ご入会審査結果のお知らせ

この度は弊社クレジットカ-ドをお申し込み頂き、誠にありがとうございます。
カードは本日より1週間以内に簡易書留郵便にてお届けいたします。
※配送地域や大型連休などの郵便事情により、上記日数よりもお届けが遅れる
場合がございますので、あらかじめご了承ください。
※iD専用・PiTaPa・ETCをお申し込みの際はカードと別送になります。

 

メールには1週間以内に届くとの事でしたが、

メール受信した4日後に、転送不要の簡易書留にてカードが届きました。

IMG_3929

私はVISAとMasterの両ブランドと、iDも申し込んだので、合計3通。

IMG_3926

申し込んでからカード到着まで約2週間といったところです。

 

初期のカード利用枠は、少なめの50万円でした。

IMG_4481

一般カードは、限度額80万円がMAXだから仕方ないか。

それでも三井住友ブランドで、法人カードが使えるのは有り難い。

カードスペックも、一般向けの三井住友カードと比べて、遜色有りません。

三井住友ビジネスカード for Ownersのメリット・デメリット。

 

ちなみに、三井住友ビジネスカード for Ownersは、

カード券面に法人名の刻印もしてくれます。個人名の上に会社名が記載されます。

※社名刻印を入れない場合、「BUSINESS」の文字が刻印されます。

個人審査系の法人カードだと、会社名は入らないカードが多いんですけどね。

 

審査が優しい法人審査の法人カード。新設法人で発行できたカード。

法人カードといえば、法人の信用を元に、審査をして発行するクレジットカードが主なハズ。

法人審査となれば、なんの信用も無い新設法人では審査も難しくなるのですが、

これまた同じ法人審査でも、カード会社により審査はマチマチ。

続いて、私が新設法人でイキナリ申し込んで発行できた、法人審査のクレジットカードです。

 

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールドカード

アメックスカードといえば、ステータスカードの代表格ですが、

事業主や経営者に優しいカード会社でも有ります。

事業費決済向けのアメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールドカードは、

一般向けのアメックスゴールド同様、審査は容易になってます。

アメリカンエキスプレス ゴールドカードのメリット・デメリット。

 

申し込む前に審査について問い合わせたのですが、

発行するにあたり、運営期間は関係ないというお墨付きも頂き、

実際、私も新設0カ月法人で申し込み、あっさりと審査通過しました。

 

オンライン申込み後、申込み確認メールが届き、

メール内リンクより、本人確認書類のアップロードする流れ。

 

アメックスビジネスゴールドカードの申込みに必要だった書類

  • 本人確認書類(代表者個人の運転免許証コピー等)
  • 法人の確認書類(履歴事項証明書 等)
  • 実質的支配者に関する申告書

 

提出とはいえ、郵送する必要無く、全てアップロードで済みました。

アップロードなので、履歴事項証明書も原本コピーでOKでした。

「実質的支配者に関する申告書」がちょっと面倒で、

用紙印刷 → 手書き記入 → スキャン → アップロードって感じでやりました。

 

申込み&本人確認書類アップロードの約2週間後

法人代表者(個人)の住所宛てに、ヤマト運輸のセキュリティ―パッケージが届く。

IMG_2933

この封筒の受取にて、法人代表者(個人)の本人確認が完了になるという。

IMG_2936

書面には、更に10日後にカードお届けって記載があったけど、

約1週間後に、法人登記住所宛にクレジットカード到着しました。

こちらも、ヤマト運輸のセキュリティーパッケージです。

IMG_2998

クレジットカードは法人住所宛てに転送不要で届くので、

カード受け取り完了を持って、法人の本人確認もされるという。面白い仕組み。

 

申込みからカードが手元に届くまで、合計で約3週間くらいでした。

最後に、カードと一緒に届いた口座振替申込書を返送して、やるべきことは終了です。

 

アメリカン・エキスプレスのカードは、

利用限度額に一律の制限を設けてないとの事で、限度額は明記されてません。

サポートに聞いても、明確な金額は教えてくれず、

利用金額を言って、都度確認したところ30万円はOKで、50万円は駄目な感じでした。

まぁ、ヒストリーも無いので仕方ない。

 

ビジネスゴールドといえど、審査が容易な分、最初の限度額は低そうな感じ。

デポジット(事前入金)を使えば、高額決済は可能なので、

徐々に使って、信用を積んでいくしか無いですね。

 

アメックスビジネスゴールドは、年会費が高い分、特典や保険内容も超充実していますが、

一般向けのアメックスゴールドとは、特典の内容が微妙に違うので注意。

アメリカンエキスプレス ビジネス ゴールドカードと、個人向けアメックスゴールドの比較と違い。

アメックスビジネスゴールドは、名前の下に会社名の刻印もされます。

amex-business-gold

 

デメリットは高額な年会費ですが、これほど保険が充実したカードは、

他社法人カードでは、審査も厳しく所持する事も難しいので、

ビジネス用の手厚い保険カードとして、

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールドカードを活用するのは悪くないかと。

 

オリコビジネスカードGold(ゴールド)

オリコの法人カードは、個人審査のEX Gold for Bizが有りますが、

法人限定で申込み可能な、法人審査のオリコビジネスカードGoldも存在します。

法人審査なのに、法人の確認書類が必要無いという、審査優しめな感じ。

実際、新設法人の弊社でも、すんなりと発行できました。

 

WEB申込みした翌日に、オリコさんから申込の確認TELが有り、

申込み内容の確認と、今後の流れや、申込みに際しての注意事項の説明が有りました。

この時点で必要書類を確認したのですが、必要書類は契約書2通のみだけって話。

 

申込み確認TELの3日後に、契約書類一式が簡易書留で届きました。

IMG_3283

入会申込書と預金口座振替依頼書を記入して、返送用封筒で郵送するだけでした。

法人審査なのに、法人の登記簿謄本も必要無いという。

IMG_3283-2

オリコビジネスカードGoldの申込みに必要だった書類

  • 入会申込書
  • 預金口座振替依頼書(法人名義口座)

 

書類返送後、特に連絡も無く2週間経過・・・

更に1週間ほど経過・・・した頃に、ようやく転送不要の簡易書留で、カードが到着。

IMG_4469

申込みから計算すると、カード到着まで約1カ月という感じ。

 

カード発行時の利用枠は50万円となってました。

IMG_4477

個人審査のオリコEX Gold for Bizとは、審査も別という事で、利用枠も別となってます。

EX Gold for Bizで100万円、オリコビジネスカードGoldで50万円

とりあえず、合計150万円といった感じになりました。

 

私は、ほぼ同時期に申込みしましたが、特に問題なく両方発行できてます。

ホント個人と法人で契約も別なんだなって。

WEB明細(e-Orico)の会員IDとパスワードも別となってます。

オリコビジネスカードGoldの方は、カード券面に会社名が刻印されるのも微妙な違い。

card-oricobusinesscardgold_l

 

オリコビジネスカードGoldは、同じくオリコのEX Gold for Biz iD×QUICPayに比べると、

スペックで見劣りしますが、同じく年会費2000円で、こちらもゴールド扱い。

空港ラウンジサービスが使えるし、何より利用枠が最大1000万円まで上昇するという。

オリコEXは最大300万円が限界ですからね。法人ヒストリーの積み上げにも良いかなと。

 

楽天ビジネスカード(楽天プレミアムカード)

楽天カードにも、法人向けの楽天ビジネスカード が存在しますが、

楽天プレミアムカードの追加カード扱いなので、

楽天プレミアムカードを所持して無ければ発行できません

 

というわけで、

私は楽天プレミアムカードの申込みと同時に、楽天ビジネスカードも申し込みました。

楽天カードは所持していたので、切替の申込みという感じ。

プレミアムカードへの切替手続きは、即日オンラインで完了しました。

 

申込みの3日後に、楽天ビジネスカードの申込み書類が届く。

IMG_2721

2週間以内に返送という事ですが、必要書類は他社よりも多いです。

IMG_2722

しかも、法人名義預金口座からの支払いに関する同意書には、

200円の収入印紙の貼り付けが必要という。

IMG_2726

楽天ビジネスカードの申込みに必要だった書類

  • 法人名義預金口座からの支払いに関する同意書(収入印紙の貼り付けが必要)
  • 法人の登記簿謄本または印鑑証明書
  • ビジネスカード用の預金口座振替依頼書(法人名義口座)
  • プレミアムカード用の預金口座振替依頼書(個人名義口座)
  • 代表者個人の本人確認書類(運転免許証 等)

 

申込み後、約1週間で楽天プレミアムカードが届き、

それから約3週間後に楽天ビジネスカードが届きました。

IMG_3090

申込みから計算すると、約1カ月で楽天ビジネスカード到着という感じです。

 

楽天カードを結構使っていたので、利用可能枠は最初から200万円

利用可能枠は、楽天プレミアムカード(個人)と、

楽天ビジネスカード(法人)で共有枠となってます。

IMG_4471

法人側でビジネスカードで使い過ぎたら、個人のプレミアムカードが使えなくなるって事。

 

楽天プレミアムカードは、個人口座からの引き落としで、

楽天ビジネスカードは、法人口座からの引き落としとなり、

利用明細も、プレミアムカードは個人宅へ、

ビジネスカードは法人の登記住所へ、別々に届いてます。

 

一方、還元される楽天ポイントは、プレミアムとビジネスで共有となります。

ポイントは個人と共有なので、税務上ややこしい事になりそうね。

また、カード券面に法人名は無く、BUSINESS CARDの刻印になってます。

IMG_4489

 

あくまで、楽天プレミアムカードの追加カードという位置づけなので、

楽天プレミアムカードを所持できるなら、審査も容易に通るのでは無いかと。

私は、法人設立後に直ぐ申し込んで、楽天ビジネスカード発行できました。

 

デメリットは、単体で作れないという事。

あくまで、楽天プレミアムカードが必要であり、

楽天プレミアムカード年会費10000円だけでなく、

楽天ビジネスカード年会費2000円も必要となり、合計12000円と結果的に高額となる。

プレミアムカードを所持するメリットもあまり無くなってしまったからね。

楽天プレミアムカードはゴールドカードでは無い。メリット・デメリットと本当の使い方。

 

わざわざ追加カードで、ビジネスカードを発行すればややこしくなるし、

年会費2000円も出せば、他に良い法人カードは多々あります。

他社の法人カードの方が、審査の手間も無く、審査も早いからね。

 

クレジットカードの審査基準は、誰にも分からない。

法人カードの審査はブラックボックス。真実は誰にもワカリマセン。

というわけで、皆さん他人の情報を参考に、推測しているわけで、

私の実例と照らし合わせると、微妙に違うんじゃないかってのも感じています。

 

法人カードの審査に関係しそうな項目として、

法人カード申込み時に入力する情報を挙げてみる。

  • 運営期間(登記日、設立日、業歴)
  • 財務状況(資本金、売上高)
  • 事業内容
  • 従業員数
  • 固定電話の有無
  • 事務所の有無
  • 代表者個人の信用(与信)

 

新設法人だから駄目ってとこも少ないけど、会社の存続期間は大いに関係してそう。

新設法人だと売上も無いから、財務状況の判断としては資本金の額くらいかな。

売上高って、申込み時は自己申告な感じだし、事業内容にも依る。

そもそも申込の時点で、決算報告書や財務諸表を提出したことは無いし、

売上の証明をする以前に、オンラインで審査落ちするからね。

固定電話の有無もよく聞くけど、IP電話で全然問題ない。

WEBサイトの有無は、申込時に入力欄も無いから、要らんと思います。

 

私個人の感覚として、色々と申し込んで思ったのが、

法人と個人では完全に別人格で、別の審査なんだなってのを改めて感じた。

 

例えば、私はJCB法人カードでは、何故か今期も審査落ちているのですが、

個人でJCBカードは長く使っており、JCBカードの限度額も高いので・・・

法人審査となると、個人のカードヒストリーは全く関係無いのも痛感してる。

 

法人と個人の情報は、しっかりと区別した方が良いと思ってます。

よって、申し込む際にも、電話番号も住所も一緒にしない。

法人と個人で同じ携帯番号を登録するとか、私は絶対やらないし。

法人の代表番号が携帯電話って・・・カード会社の審査に限らずイメージが悪いからね。

もちろん法人の登記住所と、法人代表者住所も違った方が良いよね。

事務所云々ではなく、法人と個人の住所は別。それのが実態が有りそう。

 

法人カードによっては、

法人住所、代表者住所で、それぞれ本人確認もするから。

別にしておくに越した事はないでしょう。

 

まぁ、法人でクレジットカードの発行は厳しいと言われてビビッてましたが、

実際、やってみたら、法人口座の開設の方が大変だったわけで、

法人口座さえ作れれば、法人カードの発行には困らないかなと。

法人口座の開設方法と必要な期間。維持費と手数料を比較する。

 

法人向けクレジットカードも選べるし、

ビジネスカードだからって損しません。

実は、個人向けクレジットカードよりも、優れたカードも存在します。

法人カードを比較する。事業主にオススメのビジネスカードランキング。

個人事業主、法人代表者だから受けられる特典。

 

信用を得る為には、まず発行し、繰り返し利用する。

個人の与信枠を増やす方法を考えれば、その理由はなんとなく見えてくるかと。

クレジットカードの利用限度額を上げる方法。与信枠を増やす為に。

何事も、積み重ねる事が大事ですよねん。